FC2ブログ

悲しみのケアやグリーフのサポートって・・なに?


グリーフケアやグリーフサポートという活動が
    世間はお好きなようで
 講演に呼ばれる代表が多くいる

遺族の中にも グリーフケアやグリーフサポートの
   活動に熱心な人もいる

  グリーフを悲しみの症状ではなく
  悲しみと解釈している人がほとんどだが
    悲しみのケアって・・・なに?
  悲しみのサポートって・・・なに?

   私はごまかして生きている
     ごまかし方がうまくはなってきた

 地雷という言い方で悲しみを表す事もあるが
  悲しみという地雷は
   いたるところに潜んでいる

日の浅い時は 地雷を次々に踏んで
  自滅を繰り返す

そのうち ここには地雷が潜んでいると経験を積む
  それを避けて通るか
    近づかないようになる

また 地雷に近くなったら  飛び越える事もできる
   それでも
思いがけない所で思いっきり地雷を踏む時もある

  それしかない

癒されることはない
   話をする事で 気休めにはなるが また元に戻る
   岡先生の癒したい人の卑しさ
    というエッセイは真実をついている

  お話を聞いてもらったりすると
   ありがとうございます。気分が楽になりましたおかげさまで・・と人は言う
それは
  礼儀だから

  確かにその時は そんな気がする事もある
   

   その後に 余計に虚しく悲しくなる事もある

 私は講演の後は必ず落ちこむ
    虚しくなる
何をしても
  息子はいない
     笑えば笑うほど  むなしい
彼はいない

 グリーフケアやグリーフサポートは
 むしろ
普通に接してくれる人のほうが できている

 私の悲しみに触れないでほしい時が多い
   
  遺族からの電話が多くあるが
     あえて 悲しみに触れないことが多い
 
 話してくれたら 聞くのはいくらでも聞くけど
    こちら側から
 あまりきかない

   ただ 働いていたら労災の事や
  学校なら第三者調査委員会の事
    賠償金の事など・・・
                 聞かなければいけないこともあるが
   
   悲しみとの向き合いは
   その時々の自分の心との相談
 少しずつだったり
  今はこの事だけ・・・とか
微妙に調整しながら 取り出して向き合うようにしている

全てを取り出したら
  発狂しそうなことが わかるから

 その人の悲しみはその人のもの
  誰にもケアなどできない
    他者ができるのは
 少しだけほんの少しだけ
    悲しみからの力の気付きができるように
  体験を少しだけ話したり
    一緒に同じ思いを共有することだけ

pt-plant02.jpg
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藍たなけん

Author:藍たなけん
FC2ブログへようこそ!
仙台に住んでいます。
青森県津軽生まれ、B型 うお座 
主人と二男と3人暮らし
自死で長男を亡くしてます。
「悲しみは愛」「悲しみは愛しさと共に」「悲しみは私の体の一部」「悲しみを奪わないで」「悲しみを消そうとしないで」などを広めています。

最新記事
ご来場者様
ツイッター
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR