FC2ブログ

自死者と遺族と、未遂者の個人情報がながれていく法律ができた

oogahasu-001[1]
どうしてこんなにも
  遺族を追い詰めることをするのでしょうか
 亡くなった人たちも苦しんで悲しんで死んで逝きました
 遺された遺族も苦しみと悲しみの中で必死に生きています。

せめて
 遺族支援や予防をしている団体だけでも
 遺族を追い込まないでください

世間よりも 支援をしているという団体
が一番追い込んでいます遺族を!

今回も知らない間に法律ができていました
自殺対策の総合的かつ効果的な実施に資するための調査研究及びその成果の活用等の推進に関する法律
http://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/kousei/gian/198/pdf/s1001980271980.pdf

指定調査研究等法人という団体が全国で一つ指定されます
 どこかは
言うまでもないことです

業務は
自殺の実態・自殺の防止・自殺者親族等の支援のあり方・地域の状況に応じた自殺対策のあり方・自殺対策の実施の状況等又は健康の保持促進についての研究調査及び検証を行い、並びにその成果を提供し、及びその成果の活用を促進すること。
前号に規定する調査研究及び検証を行う者に対して助成を行う事
自殺対策にについて、先進的な取り組みに関する情報その他の情報の収集、整理及び提供を行う事
地域の状況に応じた自殺対策の策定及び実施について、地方公共団体に対し、助言その他の援助を行う事
自殺対策について 地方公共団体の職員、自殺対策に係る活動を行う民間の団体職員その他の関係者に対する研修を行う事
前各号の業務に付帯する業務を行う事

秘密保持義務もあります

情報提供その他の配慮


国及び地方公共団体は 指定調査研究等法人に対して
 調査研究等業務の的確な実施に必要な情報の提供その他の必要な配慮をするものとする

これが問題です
   警察や保健所学校等からの情報を得ることができるのです
     
公務員という肩書ではなく
   一つの民間団体が 個人情報を集める権利を得て
   地方公共団体などを指導するという立場につくことが大きな問題です

 国などの機関からの情報提供も権利として与えられ
    自死の対策の実質のトップに
民間団体がなるという事が 怖い

民間団体は 公平中立である必要はなく
  民間団体の好き嫌いで 連携が行われ
      外されることがあっても 公務ではないから
          公平に行う義務はない

  ということは
これまで以上に 自分たちと意見が合わない団体は
  無視され
     身内だけで 議論し 決定されていく

 これまでは それでも 民間団体という枠を出ることはなかったが   
今後は
法律で認められた民間団体 しかも日本で唯一 の 
公共団体をも指導する民間団体

 気に入らない民間団体は 
    無視され
  その団体のある地方公共団体にも
     連携することをやめるように指導することもできる

遺族が警察から受ける事情聴取の内容が
  民間団体に伝えられ
  集められていく

死んだ人の情報も・・・・遺族の情報も
 全てが
 指定調査研究等法人に集められていく
     しかも 民間団体

犯罪者の個人情報でさえ
  警察は流さないのに
   自死者と自死遺族の個人情報は 流されていく

   内閣府の委員会で実現できなかったことを
   力づくで
    法律にしてしまう 自死の予防団体とその一派
 内閣府の委員会で実現できなかったから
 どこかで絶対に
    やり返すだろうとは思っていたが
議員連携を使い 法律を作るとは
     あまりにもえげつない

   何も考えず 賛同した国会議員たち
  も同罪です
        
   正義をかざして
    人を追い込む人たち

    精神科の治療をもう少し 変えてくれた方が 自死は減る
   いじめを早期に解決してくれたら
  自死は減る

 これだけでも  4~6千人は減る

  どうしたら 個人情報を守れるだろう

      いろんな人たちの知恵を 借りようと思っています    
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藍たなけん

Author:藍たなけん
FC2ブログへようこそ!
仙台に住んでいます。
青森県津軽生まれ、B型 うお座 
主人と二男と3人暮らし
自死で長男を亡くしてます。
「悲しみは愛」「悲しみは愛しさと共に」「悲しみは私の体の一部」「悲しみを奪わないで」「悲しみを消そうとしないで」などを広めています。

最新記事
ご来場者様
ツイッター
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR