FC2ブログ

精神薬は怖い

050729-06[1]

 未遂をして
   意識がないままで 息をしているだけの状態
未遂は健康保険の対象にならない事がほとんど
治療費の10割負担
 毎月350万円の支払い
嫁と孫が支払いのために息子を恨まないように
  また親である自分も支払いを毎月はできず
3か月目で 意識のない息子を刺し殺した母

 3か月間悩み悩み やせ細り・・・・・・
   我が子を殺すほどに追い込んだ社会
子供を自死(未遂)まで追い込んだ社会
 二度 社会は親子を追い込んだ

精神障がいだから
  引きこもりだから
 暴力的だったから
       他者に危害を加える前に親が殺して当然という風潮が広がりつつある
とても怖い
 もちろん
どのような理由があろうが 無関係の人を殺すことは許されない

 しかし その裏に 精神薬の存在があるとしたら
    責任は精神薬にある
精神薬を処方している医師にある
 またそんな薬を販売している製薬会社にある

 無関係の人を殺害するケースは
   その多くは背景に精神薬がある事をマスコミは報道しない

 精神疾患だから ではない
  引きこもりだからではない

精神薬の副作用の問題である

 正しく処方できる医師が少なすぎる
   製薬会社のセールスマンのような医師が多い

  幻聴幻覚があっても
  本人が苦しくなければ クスリは必要ない
 他者に危害を加えなければクスリはいらない

   暴れた時 一時的に処方が必要な時もある
ただし
 ずっと飲み続ける事には意味はない

 精神薬ほど 副作用の記載が多いクスリはない
  効能より
副作用での疾患になる可能性が高いのが精神薬である

 発達障害にも精神薬
 知的障害にも精神薬
認知症にも・・・脳梗塞にも・・・
 老人性痴呆にも・・・
癌治療後にも
  
また
 失恋にも  失業にも 債務にも
    友人が少ないことも
定職につかなくても

まるで 万能薬のように処方される精神薬
 
  落ち着きがない 友達が少ない
    国語や算数が苦手

精神薬で差数や国語が得意になるのでしょうか
 友達がたくさんできるのでしょうか
友達ってたくさん必要でしょうか
   友達がいなくても 困っていなければ
     一人もいなくてもいいと思う
 1人が好きな子供だっている
  落ち着きがないというけど
    多分 先生の授業がつまらないんだと思う

先生の話よりも もっと興味の湧くことがあるのだと思う

   授業中に騒ぐ子供には
  なぜ 騒いではいけないのかを 説明したらいい
    何度も何度も
 
教師たちは丁寧に教える事が苦手になり
   説明をする事も苦手
    騒ぐ子にいら立ち

配慮が必要な子  障がい児 精神科医 精神薬

いわゆる 排除をする教育である
 教師の能力の低下の犠牲者が今の子供たち

カウンセラーも 精神科医の手先になっている

    どこもかしこも
誰もかれも

精神科医を まるで悩み解決専門家のように思っている

 精神薬の犠牲者はますます増えていく

正しい処方をしてほしい
   攻撃的になる副作用があることも 告知してほしい
  死にたくなる副作用も告知してほしい

   偽薬(プラセボ)のほうが 効果があるというデータも多くあるのが精神薬
    偽薬のほうが副作用がないだけ マシ

昨夜もまるで友達のように 電話をかけてきた女性がいる
  事件があると 電話がくる
精神薬を40年飲んでいる
   精神疾患者をバカにしている
   引きこもりをバカにしている
    警察官を襲ったのが 精神薬を飲んでいると報道されていて
       精神薬を飲んでいる人は みんな犯罪を犯すと思われてしまう
だから
死にたい
     この女性も幸せではない
 精神薬を40年飲んで 何の意味があったのだろう
   何のために飲んできたのだろう

伝染病でもないのに
なぜ日本だけ 伝染病のように
   2倍4倍と精神疾患者が増えているのか
      考えてほしい
増えているのではなく
 増やしているのですから 増やされている・・・・のかな
  まんまと ワナにハマっています

怖い社会です
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藍たなけん

Author:藍たなけん
FC2ブログへようこそ!
仙台に住んでいます。
青森県津軽生まれ、B型 うお座 
主人と二男と3人暮らし
自死で長男を亡くしてます。
「悲しみは愛」「悲しみは愛しさと共に」「悲しみは私の体の一部」「悲しみを奪わないで」「悲しみを消そうとしないで」などを広めています。

最新記事
ご来場者様
ツイッター
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR