FC2ブログ

苦しみ亡くなった人に唾を吐く人たち

h_seri.jpg

最近 学校の問題を書くことが多いのは
  第三者調査委員会の委員(折立中)を含めて
遺族の代理人を3件受けている事での
 憤りが増えているから・・・かな~~~

  争点をずらす行政の手法が目立つ
 あるいじめの  裁判でも使われた事がある

  指のケガがあって 保健室に行ったことが
    親の虐待で 指を折られたこととして
 裁判に証拠書面として提出され
   その事への反論に時間がかかってしまう
  
反論よりも
 まずはそれが事実かどうかの証明を
提出した学校に求めるべきだと思うが
 学校という権威ある存在が出した書類は 全幅の信頼をしているかのように
    あたりまえのように認め
  遺族側に
     指のケガが虐待でなかったことを証明させようとする
 借家住まいの親に対して
   借金があって生活が大変で親子関係がうまくいっていなかった
     持ち家だとしても
  ローンがあって生活苦だったとか
    だから 母親も働いていて 子どもとのコミュニケーションがとれていなかった・・とか
  成績が良ければよいで
    成績が良くて 運動もいいけど
      友達が少なく 瀬角が歪んで・・とか
とにかく
  亡くなった人の悪口三昧
  遺族の悪口三昧

いじめがあったがそれは
  ○○さんをいじめていたのではない
勘違いだった・・とか

  からかいだったのに
 気にしすぎだとか

  いじめた側は悪くない
いじめられた側に問題があった

   学校はきちんと対応した
対応したのに
  逆恨みして・・とか

親子で発達障害のくせに。。とか

酷い話が 飛び交います

  人権侵害 名誉棄損です

    

賢い
 裁判官は 何もかも承知で
    その事を黙認している・・としか思えない・・事も多い

第三者調査委員会 も同じ構図     

   いじめの事実や いじめが起きた後の対応
   具体的にどのような対応をして
  どのような効果があり
     どのような結果になったのか・・

    その検証を行い
         擦り合わせていくのが調査委員会だと思うが

  学校・教育委員会が
  学校内のいじめと対応を検証するとしたら
  身内をかばうのは当然
身内に厳しい大人社会はあまり聞いたことがない
多くは
 身内に甘い    

 
苦しみ悲しみ亡くなった人を
  罵倒する人たちを見ると
こんな人たちがいるから
  こんな人たちが
     やさしくまじめな人を追い込むんだな!と実感する
 なくなっら人も苦しみ逝き
 遺された人も苦しみ生きている

  そんな苦しみや悲しみを抱えて必死に生きている遺族を
     批判し
            満足している人たち
   住む世界が違う気がする

   そのレベルの世界には 入らない!と決めている

  人の世界ではない
 餓鬼畜生の世界・・・

   交わらないように・・と思うが
      近づいてくる・・・
 
毅然と凛と生きると決めている 亡き息子のために!1484440679.jpg
    
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藍たなけん

Author:藍たなけん
FC2ブログへようこそ!
仙台に住んでいます。
青森県津軽生まれ、B型 うお座 
主人と二男と3人暮らし
自死で長男を亡くしてます。
「悲しみは愛」「悲しみは愛しさと共に」「悲しみは私の体の一部」「悲しみを奪わないで」「悲しみを消そうとしないで」などを広めています。

最新記事
ご来場者様
ツイッター
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR