FC2ブログ

支援者のための支援だけ

20120928114846.jpg

内閣府の自死対策会議に参画させて欲しいという自死遺族本人の活動団体「全国自死遺族連絡会」の要望に対して

肩書き(NPO法人等の法人格・大学や短大等の講師・本の出版)の最低条件を示されてきた。
今回も法人格が最低限必要・・・と参事官。

郡議員は問題のすり替えだ!と。

自死遺族の対策を決めるのに、自死遺族当事者本人の団体を入れない理由としては、返答になっていない。

自死遺族も入っている団体から意見を聞いている。との返答も。

自死遺族が役員でいるから、遺族の代弁ができる。という参事官。

代弁者は代弁者に過ぎない!!はず。



私は、子供を亡くしているが、震災では無い・・・だから代弁はしない・・・

震災の遺族のことは、震災で家族を亡くした遺族でしか、本当の問題は見えない・・と私は思っている



参画については、ある有名団体が私たちを目の敵にしている限り、無理だろう・・・との予想はあった。そして、そのうち会議が解散となり、遺族当事者本人の団体は入ることはないだろう・・と。

見事に予想が的中。

発展的解散だそうだ。

定款から自死という言葉が外れた団体を自死遺族の専門団体として内閣府のトップの会議に参画させたまま・・・解散。

自死遺族丸ごとの団体を無視して・・・5年経過~


私たちは、問題提起をしてきた。
1円の援助も受けず。

検案料の不公平・警察の事情聴取・相談窓口のたらいまわし・賃貸物件の賠償金・お祓い・心理的瑕疵・精神科医療問題・
遺族の悲しみの病理化

過労やいじめ・・・たくさんの問題があることを表面にだしてきた。

そして、自死防止の対策への意見も・・・


自死遺族本人の団体として、全国自死遺族連絡会が最も多く国への意見や要望をだしてきた。


自死遺族以外の組織のアンケートでは、わからない問題を数多く提示している・・・

  
   内閣府だけではなく、どこも役人答弁は変わらず・・・あきれるばかりの5年間

ある団体は自死遺族の活動には、邪魔でしかない・・・

  自死遺族を飾りのように表に出し、肝心な部分は、絶対的権限で有無を言わさない!!団体

     有名なだけにやっかいである

なぜ、遺族が遺族支援対策と戦わなければならないのだろうか

遺族支援といいながら、遺族を傷つけ憤らせ,追い込んでいる


支援者のための支援である。と国は断言してきた。


だったら、遺族支援というな!!

遺族支援の名目で税金を使うな!!

支援は要らないから・・・


支援者もいらない!!




スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

草の根?の自殺対策成功!

最近すこしうれしいことがありました。友人のうつが治ったのです。先日、遅くまでおしゃべり。楽しい時間を久々にすごしました。
この友人は公務員で避難所に泊まりこんだりして3ヶ月休めませんでした。いつも明るく前向きで「うつ」からは一番遠いようにみえました。ところが去年8月ごろ「死にたい」とメールがあり驚いてすぐ連絡をりました。わたしが一番信頼しているK医師を受診するようにアドバイス。でも、もしいやだったら合わないと思ったら、ドクターショッピングしてでも自分に合うdrを見つけること。合わないのに無理して通院するのは命取りだといいました。

自分の息子の主治医を山形大学そばのa医師にもっと早く替えていれば助かったかもしれない。そんな後悔がありましたから、友人がなおったのはうれしいことです。
わたしもK医師を紹介して心配でしたが、結果的には良かったです。自分も医療の場にいたものとして感じることは患者にも選ぶ権利があるということです。ドクターショッピングおおいにすべしです。
医は仁術なりという尊い信念を持つ医師は残念ながら多くありません。医師はミスをするし、それを隠しもする。私がいた病院の何十人ものdrたちはそうでした。「白い巨塔」そのものでした。時効なので書かせてもらいました。30年前のことです。今も変わってないかな?
プロフィール

藍たなけん

Author:藍たなけん
FC2ブログへようこそ!
仙台に住んでいます。
青森県津軽生まれ、B型 うお座 
主人と二男と3人暮らし
自死で長男を亡くしてます。
「悲しみは愛」「悲しみは愛しさと共に」「悲しみは私の体の一部」「悲しみを奪わないで」「悲しみを消そうとしないで」などを広めています。

最新記事
ご来場者様
ツイッター
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR