FC2ブログ

理由のある悲しみは精神科に行ってもどうにもなりません

imagesAYCIMA9B.jpg


自死した人の中で
精神科の医療を受診していた人
6~8割
 死にたくないと強く願い
   医療に命を託し・・・死んだ人たちが多い

 そして 悩みや苦しみは精神薬では解決しない
ましてや
  電気での治療なんて・・・とんでもない

昔々・・・昔から
精神科の治療は クスリ→電気治療→クスリ→電気治療を繰り返してきた
   クスリも電気治療も
   ロボトミーも 何の解決にもならない
自死を防げない

  テレビ等の内容をそのまま信じるのは危険
    
 精神科に入院して 完治して退院する人は
   年間4人 全国で・・・
4人です・・4人

  精神科に行ったら最後
     死ぬか障がい者になるか
       精神疾患からの脱出はない

 正しく 治療を施してくれたら
    完治するケースも多くあるのに・・・
日本では治らない・・治そうとしていない

  一生治らないものだと 洗脳されている人が多い

    人間の喜怒哀楽の全てを精神疾患にしようとしている
               それが製薬会社
  多くの人に精神科につなぎ
   一度飲んだら 依存し
    やめられなくなる 精神薬を一生飲んでもらえば
        利益は増えていく

    生きずらい社会を作り
       悩みや苦しみを増やし
    解決しないで
     精神薬を飲めば 悩みや苦しみが消えますよ・・と宣伝し
       精神科の住人を増やしていく

一度送り込んだら
   万々歳  抜けられなくなるのですから

     遺族の死別の悲しみさえも
        精神薬で何とか出来ると信じ込ませているんです

    保健師さんたちも 医師の指導のまま
      考えもせず 遺族を精神科に繋ぎ 精神薬を飲んでもらい
    支援だと満足している

    その後 その遺族がどんな生活をしているのか
               興味もない
 無責任な支援を続けている

  悲しい気持ちは 普通です
      苦しいのもふつう
淋しいのも
 虚しい気持ちも普通
    
 この悲しみと苦しみは
  生き返ったら 治る
生き返るなら薬をのむ でも生き返らせるクスリはない

    だから私は飲まない
  
  そして 精神科に繋いでおきながら
    やっぱり自死遺族は精神疾患者が多いという

     自死遺族支援をしている民間団体も含め
  行政の皆さんも
    自死遺族を精神科に繋ぎながら
 陰で
   自死は遺伝だなどと言っている
 
 自死が遺伝だと言わせないためにも
    遺族は精神科に行かない事です

   表の言葉と裏の言葉があることを
    遺族に知ってほしい

   散々に言われ 散々見て聞いてきました

    それが現実です

  250px-Trigonotis_guilielmii_2.jpg
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

藍たなけん

Author:藍たなけん
FC2ブログへようこそ!
仙台に住んでいます。
青森県津軽生まれ、B型 うお座 
主人と二男と3人暮らし
自死で長男を亡くしてます。
「悲しみは愛」「悲しみは愛しさと共に」「悲しみは私の体の一部」「悲しみを奪わないで」「悲しみを消そうとしないで」などを広めています。

最新記事
ご来場者様
ツイッター
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR