FC2ブログ

自死について国や県の考えに仙台市はついてこれていない

syakutirisoba400.jpg

日々 心は揺れ動く
 一日の中でも 朝と昼 夜 でも違う
  一分一秒と揺れ動く

    専門家は様々
 しかし
  心にかかわる専門家 自称も含めて・・・

   精神科医・精神保健福祉士・臨床心理士・・・産業カウンセラー・・スクールカウンセラー
  スピリチュアルカウンセラー
     等々
   この専門家の人たちほど 他者の心も理解できると主張する人が多い気がする

   遺族の会を始めようとした時に
       勧められ 自死遺族支援の研修会に参加した
    その時に言われたこと
      「私は ○○電話の相談員を30年以上続けています。その中で自死遺族のお話をたくさん聞かせてもらいました。また私はカウンセラーの資格も持っていまして、相談員研修でも有名な心理学の教授から研修を受けています。ですから自死遺族の皆さんよりも よく自死遺族の事は理解できます」
   と・・・・
あまりにも驚きだったので 12年すぎても鮮明に覚えている

あれから 12年~
    全く変わらない 心の専門家が多いことに愕然としている

  Aさんという人の心の専門家はAさん自身
     Bさんという人の心の専門家はBさんなのです
岡教授が講演で何度も話していますが

  一般的な 「悲しみ」という心の専門家は 臨床心理士や精神科医・カウンセラーですが
Aさんという人の「悲しみ」については Aさんが専門家なのだと・・・

   悲しみもまたわたしのもの・・なのです
誰のものでもなく 私のもの

 さっきまで怒りがあった・・
でも今は悲しい
  さっき悲しかったけど  今は苦しい
    
   笑顔で話したけど  今は虚しい

   川の流れのようなもの・・・一秒たりとも 同じではない
 同じように見えても その水は・・その涙は一秒前のものではない

   そして 悲しいという感情が どこまで深いのか 自分でもわからない

 ましてや 他人の心の深さがわかるはずがない

    神様にも仏様にも わかりはしない

    亡き人と自分との間に フツフツと湧き起こる感情
       表現もその時々で違う
 あなたの心はわからないけど
  丁寧に真摯に聞いて・・そのうえで一般的な悲しみと照らし合わせ、また自分の経験も合わせて
       カウンセリングします・・・
      が普通だと思う

なのに
なぜ 傲慢にあなたよりもわかります・というのか・・・
    その時点で 心の専門家の資格はない・・

そして 自死遺族に対する 偏見と差別
     
   そもそも  自死遺族を傷つける要因はそのままにして  散々傷つけて
  「心のケア」をするべきです という支援
 仕事が欲しいのか 自己満足したいのか
    支援が必要なように追い込んでおいて 支援の必要を訴える支援者

最初から 傷つけないでください

   家族の自死で 十分苦しみ傷ついているんですから

仙台市の委員会等は
  残念な人が多く  疲れます


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント