FC2ブログ

賃貸物件の問題(事故物件)と自死

120409_1054.jpg

事故物件という問題
    お祓いという問題
      法外な賠償金が請求される自死遺族

 この問題を表舞台に出してくれた遺族には今でも感謝している

    これまでは 遺族は請求されるがままに支払ってきた

   1000万円を超える請求などは 弁護士に相談し裁判もあったようですが

    300万・500万は 言われるがままに 黙って支払ってきた
   その結果
  味を占めた 不動産屋は 考えられる限りの請求をしてきた

     お祓い料も・・・慰謝料までも・・・

     この問題を 支払ってしまった遺族に事実としての書類を含めて
         マスコミに取材を受けてもらい
       社会に出した
           ここから 自死遺族の差別的問題として
              賃貸物件の問題が自死遺族支援として認められ
                 弁護士や司法書士の間で理解してくれる人たちが広がってきた

      警察庁・国交省・厚労省・文科省・内閣府・法務省・財務省・・などに 要望書を提出していたのを知り
          故平山正実先生が背中を押してくれ 提言もしてくれた
    が マスコミは 当事者の声がないと掲載は難しかった
     
  私では代弁者に過ぎないからだ

      つきっきりで 取材を受けてもらった
              つらかったと思う

この遺族の 協力があってこその 今の相談支援がある

       その恩恵を その後の自死遺族は受けている
                        しかし
                   その後につづく遺族はなかなかいない
    恩は返すのではなく 送ってほしい

    次の人に・・・同じ思いを少しでもさせないように・・・

    だが
        その願いは・・・・・・・・・・・・・・

       自死は悪いことはしていない
       悪いことをしたのは 自死した人ではない
        むしろ 遺族も生きている現在の社会が悪なのだ

        声をあげる遺族が増えない

          かなしい  とても  かなしい

     これでは 変わらない いつまでも 差別と偏見は続く

       むしろ  少しずつ 遺族ではない人たちの理解が広がっている

         それが 救い

    どうしたら 遺族の理解が広がるのかなぁ~

   力不足を感じます

  息子の苦笑いの顔が・・・20120522202312.jpg
      
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント