FC2ブログ

魂が見える人に会いたい

20120920084427.jpg

道路が燃える・がい骨が飛び出してくる・・・という人がいましたが・・・

見えないはずのものが見える・聞えないはずの声が聞える・・・それはある意味才能・能力

 すごいね~と認めることにしています

芸術家や小説家は、頭の中に降り注いでくる!そうです。次々と浮んでくる!と。そんなことを聞きました。

幻聴も幻覚も、自分が苦しくなくて、他人に迷惑をかけなければ、見えるがままで聞えるがままでいいと私は思って・・・相談に乗っています。

有名な絵描きや小説家、霊能力者は、その能力に長けているひとです。

  
 どんなふうに苦しいのか・・・

怖いって何が?

なにがどのように怖いのか・・・


 子供に死なれると自分の死でさえ怖くありませんよ・・・

   お墓で息子がいないか探しています。家でも息子がいないか探しています、夜中のお墓も平気。

天を仰いで探したり、声が聞えないか耳をすましたりしています・・・音がするといるのかな・・・と思ったり


  お墓参りの帰りに息子に似た人を見ると、追いかけてしまいます

     
  震災や自死で家族を亡くした人たちと、お化けが見える人を集めて話す機会があればいい

宗教者も含めて、相談に乗る人たちは、マスコミに話していいことと、話すと誰にどのような影響を与えるのかの判断はするべきです。

 つむぎの会でK住職を招いてみようとおもう  おもしろいかも(不謹慎ですね)


 ご祈祷のお経って・・・どの宗派にもあるんでしょうか

 

何度も言いますが、お化けが見えて苦しんでいる人の相談は大切です。どうぞ救ってあげてください。

それと、その事を公言することの正当性は違うと思うのです。

新聞の記事になり、ネットに出たらとめられなくなりますから・・・

2ちゃんねるでも、遺族が傷つくから、やめろよ・・とか、目玉はおたまじゃくしじゃないのか・・・とか
  遺族の気持ちに2ちゃんねるが寄り添ってましたよ・・・
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

大賛成

k和尚さんぜひお話聞いてみたいです(*≧∀≦*)
詳しく詳しく聞きたいです。
2ちゃんねるですら大人の分別をもっていたりするのに、和尚さんといい国生さゆりといい、卑しい人が多くて腹が立つより疲れますね。

田中さんを紹介してくれた方は、四国のぞうさんです。
最近、ぞうさんのブログの更新がなくて心配しています。

貯金もなく、仕事もなく、生活保護は受けたくないと言っていました。
死に場所も決めていると・・・。

自分のことを理解してくれるのは、田中さんだと聞いています。
どうか、ぞうさんがお元気でありますように♪

魂と交信する方を2人知っています。
一人は、ヒーラーさんで霊視をします。

もうお一人は、同じく子供さんを亡くされた方で、死後、突然霊感が
身についたそうです。
今は、そのお勉強をなさっています。

時々スカイプでお話をしています。

お忙しい中、ブログを書いていただきありがとうございます。
いつも参考にさせていただいています。

ご多忙なので、お返事は無用です。

心霊番組の卑しさ、貧しさ。

昨夜(6日)夜9時すぎ、CS放送をザッピングしてたら「自殺」の文字にドキリ。思わず釘付けでみてしまいました。
いわゆる視聴者投稿の「心霊写真」特集。みるのやめようかなとも思ったんですが、遺族としてはすごく気になります。投稿者(女性)の友人が踏み切りで「自死」。その現場をなぜか写真撮影。しかも夜。おどろおどろしいBGMとともに現れた写真はそれはそれは「風流」なもの。踏み切りの右上方に「月」にみえるものが白く浮かんでいる。ただそれだけ。しかし彼女にはその後、踏み切りのそばからいつも誰かに凝視されている。遮断機があくのを待つ間、一人だったのに肩をたたかれた。この凝視する人、肩をたたいた人。自死した友人とは全く触れてはいません。だからこそ余計に腹立つんですっ!だいたいほんとの友人だったらこんなことしない!
こういう類の番組、むかしは面白がってみてたから自分もほんとにアホなんですけど。息子が死んでからは、すごく腹たって。死んだ人を冒涜しているんです。こんな番組、もう地上波では久しく見かけなかったんですが
CSで生き延びてました悔しいことに!途中で吐き気がして(心霊現象でなく怒りで!)みるのやめました。
私の息子は電柱で首をつったんですが、その電柱あたりを撮影したら息子があらわれるなら、毎夜毎夜撮り続けたい、わたしです。
プロフィール

藍たなけん

Author:藍たなけん
FC2ブログへようこそ!
仙台に住んでいます。
青森県津軽生まれ、B型 うお座 
主人と二男と3人暮らし
自死で長男を亡くしてます。
「悲しみは愛」「悲しみは愛しさと共に」「悲しみは私の体の一部」「悲しみを奪わないで」「悲しみを消そうとしないで」などを広めています。

最新記事
ご来場者様
ツイッター
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR