FC2ブログ

人為的に作られている発達障害

F1000474.jpg
国連に勧告されている日本
国連・児童の権利に関する条例委員会は2010年に
「著しい数の児童が情緒面での健康状態が低いとの報告をしていること、また両親や教師との関係の貧しさが決定要因となっている可能性がある。また発達障害者支援センターにおけるADHDの相談件数が増加している事、主に薬物によって治療されるべき生理的障害と見なされ、社会的決定要因が適切に考慮されていないことを懸念する」と勧告している。
さらに「この分野における研究が製薬産業とは独立した形で実施されることを勧告する」とまで述べている
今 発達障害に処方されている
ストラテラやコンサータは精神刺激剤と言われている

発達障害のアンケート質問項目は
「聞き間違えがある、言葉に詰まったりする、漢字の細かい部分を書き間違える、細かいところまで注意を払わない、着席していてももじもじする、指示に従えず仕事を最後までやり遂げない、だしぬけに答えてしまう、大人びている、ませている、含みのある言葉を言葉通りに受け止めてしまう、とても得意な事がある一方で極端に不得手な事がある、常識が乏しい、動作が不器用」といった57項目の悪口の羅列、こんな幼稚な質問紙によって子供を見ること自体が歪んでいる

ADHDは伝染病ではないのに、数十倍に広がっている
 注意欠陥多動性なる性癖を障がいに仕立て上げたのは近年である

製薬会社は薬の宣伝を市民に直接できない
  だからこそ 製薬会社は広告会社のマーケティング技術で 病気の宣伝をするようになった
「もしかして○○病かもしれない」
「もしかして鬱かもしれない」
「もしかして発達障害かもしれない」

信州大学の子どものこころ診療部長は読売新聞に
「中学一年生の女子、誰からも発達障害だと思われていなかった。ある日部活のみんなで試合に行くのに、手前のコンビニに集まって、それから一緒に駅まで行こうと誘われた、彼女は面倒くさいから一人で行くわと答えた」と例を挙げて
「発達障害の一つ、自閉症スペクトラム症の人は、自分のやり方、関心、ペースを最優先させたがる傾向があります。一方で仲良くなるための臨機応変な対人関係に興味がないか、苦手です、そのために集団のなかで浮いてしまい、場合によっては学校にいけなくなる」と述べています
駅のすぐ近くのコンビニに集まるのをめんどくさいと思うのは自閉症だと言っている

彼女が無駄な行動はしないで合理的にと考えるのは彼女の生き方であり
   自閉症の概念とは無関係である

 日本の発達障害支援法の定義によると
  エジソンも坂本龍馬もモーツアルトもアインシュタインもADHD
     多分社長はほぼ発達障害
ホンダの創業者も・・・
   松下幸之助も・・・
               おそらく作家も デザイナーも
          医師のほとんどは発達障害だ
    
        子どもは宝です

 子どもが幸せでない国は いつか滅びます

    現に 日本は過疎化が進み
     私の実家のある青森県北津軽郡の町のほとんどは
       子どもの数が極端に少なく
 45年前までは
    小学校が何校もあって  街の真ん中にある小学校は1200人ほどの子どもでした
    今現在
     ほとんどは廃校になり
   町の真ん中にある1200人の生徒がいた小学校が
     70人弱
      もう10年したら 30人・・・いや20人かもしれない

      子どもは減っている

それなのに さらに ふるいにかけて 薬を飲ませて
     働けなくしていく

精神薬を飲んでいる子供は  20歳になった時 どのように発達しているだろうか


 おそらく 普通には働けない
  精神障がい者となっていくだろう

    そして一生 精神薬を飲み続け 苦しみ
        早死にするだろう

    惑わされずに  正しい知識で 子供を守らないと  大変な事になってしまう

 
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント