FC2ブログ

自死した息子と共に

DSC_0126.jpg

ようやく 少しだけ
   自死遺族の自助グループが認められてきたような手応えを感じる

    12年の月日

      一歩・一歩・一歩・・・・・・・・1年に一歩 12歩 進んだことが目で測れる歩幅になった

   たくさんの人たちとの出会い

     多少の考え方の違いはあってもいい

   同じ思いを少しでも共有できたら・・・と  つながってきた

       批判されることも多い・・が
           賛同者もたくさんいてくれる

  ありがたい事

     いつも 亡くなった息子の気配を感じながら
       問いかけながら  生きてきた

     申し訳ないという思いと  どうして・・という思い

     同じような思いの遺族が増えないように・・・
      同じような悲しい死が増えないように・・・

     遺族が健やかに生きていけますように・・・

        いつも思う

    追い込んだ人たちが  追い込んでないと自分を騙してウソをつき
                生きている姿を見ると 最近は憐れに思う
        情けなく 悲しくなる

    息子は懸命に生きた  人を騙さず
   けなさず  蔑まず
   いじめることなく  まじめに生きようと頑張った

     職場の上司も 伴侶も 伴侶の家族も

           悲しい人たち

   人の死を悼むことなく
          供養することもなく
         
                       パワハラもいじめも  自分の犯したことから逃れられない
          
         ごまかしても 記憶は消えない

     
      遺族には 悲しみを抱えても

        毅然と生きてほしい

          悲しみとともに 凛といきてほしい


      dscf0408.jpg

     悲しみを消さずに  生きてほしい

         
  悲しみは愛しい人への想いだから
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント