FC2ブログ

子供は精神科に連れて行かない事

himeringo1[1]

 また 一人の子供が逝ってしまった

    不登校の子供を 精神科に連れて行っても
       不登校は改善されない

 数学が苦手な子供に
    精神薬を飲ませても 数学が解けるようにはならない

友達が少ない子供に
精神薬を飲ませても友達は増えない

    男の子は女の子よりも 発育が遅い子が多い
  知能も・・・
身体も・・・

小さい頃に なんでも親がやってあげ
   幼稚園に入るから・・
小学校に入るから
   と
自分でやるように・・と言われても
 子供は戸惑うばかり

  少しずつ 一つずつ
     がまんも教える

   してはいけないことも教える

人への迷惑も教える

    学ぶことが楽しい環境も 作ってあげる

そして
 誰よりも 親が 自分の子供を認め
 あきらめず
   繰り返し しつける

 3歳とか小学生で
  ウロチョロして 落ち着きがないからという理由で
   おとなしくなる精神薬を飲ませてはいけない

精神薬を飲んで
落ち着いたのではなく
ボーっとなりだるいから おとなしくなっただけ

   麻薬と同じ成分の精神薬

子どもの脳は破壊されていく

   アルコールが子どもに禁止されているのは
      成長途中のやわらかい子供の前頭葉が
          侵されて破壊されていくから

   たばこのニコチンも同じ
   だから 未成年は禁止されている

 それらの何倍も強い 破壊力のある
精神薬を子供に飲ませているなんて  おそろしいこと

  親の言いなりになる子供を求めてはいけない

 子供の成長に 優劣付けてはいけない

     ひとりひとり 違ってあたりまえ

  ウロチョロと落ち着きのない子供が
 思春期になり
  女の子は生理・・・男の子は声変わり
それが過ぎても
  ウロチョロ落ち着きがないなら
     其の時は 話合ったらいい・・子供と

 20代の女の子
   美容師として働いている

   姉に頭脳の良さは持っていかれて
     自分は勉強が苦手でした・・と話してくれた

その子は 美容師で生計をたてている

頭脳明晰で有名国立大学を卒業した姉は
   今 フリーター
     親の世話になって暮らしている

   極端かもしれないが
     国語数学英語理科体育美術等々
学校の勉強が優秀だから
   有名大学を出たから
      
    幸せになるわけではない

   その子が得意としている事を伸ばしてあげる教育が
        真の教育だと思う

    職人になるのもいい
     農業や漁業をやるのもいい
 左官屋さんになるのもいい
 植木屋さん
  料理人  美容師 理容師
       
     警備員  清掃 なんでもいい

 自分の子供は誰に似ているのか
  自分に似ている

遺伝子は自分たちの遺伝子

  他の子は他の人の遺伝子
    だから 比べてはいけない

ましてや
勉強ができないことや運動が苦手なこと
  落ち着きがない事を
 子供個人の責任として
     障害という レッテルを  親が貼ってはいけない 
そして まだ発達途上の子供に精神薬を飲ませるなんて

   学校は無責任
   手のかかる子供は 面倒くさいから
 クスリでも飲ませて
おとなしくさせておけばいい

大人になった時に  廃人になろうが
   重度の精神疾患者になろうが  知ったことではない

死んでも学校が悪いのではなく
   子どもが障がい者だから・・という理由付けになる

    今の発達障害の流行は怖い
  誰もかれもが
   発達障害の専門家のように
  あの子は発達障害だと思う
     この子も発達障害だよ・・・などと決めつけて

親に 精神科に行ったほうがいいよ なんて勧める

    どこまで無責任なのだろうか

子供時代は 18年だけ

   ゆっくり子育てを楽しむことです

二度と 今の時間は戻らないのですから
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント