FC2ブログ

わからないままの人生がいい~

20120918101314.jpg

子供を亡くした気持ちは、亡くした人でないとわからないこと。

その人がいいとか悪いとかではなくて、わからないことは事実。

わかって欲しいと思わないこと。
 わかるはずがないんだから・・・無理ですから。

子供を亡くした気持ちがわからなくていいと思います。
わかることは、亡くすることですから・・・。


そのかわり、よけいなことはいわないことです。
言わないで欲しい。


それがせめてもの思いやりでは・・・

泣くことで迷惑かけてますか・・・泣いても声はかけなくていいですから・・・・

  笑うことと同じように、泣くこともほっといてください


息子のことを、何の気兼ねもなく話せるのは・・・遺族同士だけ・・・

他で話すことはほとんどない。

講演のときに、幸せだった息子が突然に亡くなり遺族になったこと、生まれつきの自死遺族ではないことを少し皮肉をこめて話すことはある(自死遺族という人種だと思っている人たちが支援者には多いから、あえて幸せだった頃の話もする)

わかるわけがないと思っているから、話さない、話さないから、時々私を遺族と思わない支援者もいる。
(それを楽しんでる私がいる)

遺族同士が傷つけあうことは避けたいとおもっている・・・が


     息子に「何やってるのかぁちゃん」と呆れられないように、生きようと・・・は思っている


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藍たなけん

Author:藍たなけん
FC2ブログへようこそ!
仙台に住んでいます。
青森県津軽生まれ、B型 うお座 
主人と二男と3人暮らし
自死で長男を亡くしてます。
「悲しみは愛」「悲しみは愛しさと共に」「悲しみは私の体の一部」「悲しみを奪わないで」「悲しみを消そうとしないで」などを広めています。

最新記事
ご来場者様
ツイッター
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR