FC2ブログ

亡き人からのご縁

12341142_425370990994644_630478444367662853_n[1]
   法話の会

関西は尼崎市や葛城市
   最近は三宮市
関東は
 茨城県内の浄土宗のお寺さんで開催

 自死遺族の会は国の対策になっていて
全国の自治体    
保健所や精神保健福祉センターで 仕事として開催されている

しかし
 病気や事故・交通事故・等の死
    子供を亡くした親が集える場所は そんなには多くない

  商売として開催されている会はあるのかもしれない

がしかし
    純粋に 同じ目的を持つ遺族が集う場所は少ない

   悲しみは同じなのに・・・

思いは同じなのに・・・

  法話の会も含めて  公開されて開催している会は
     あらたな 参加者を快く受け入れてもらいたい
       先輩の遺族が  あらたに遺族になって 苦しみ悲しんでいる人を
  あたたかく迎えてほしい

   自分が苦しい時 居場所を作ってくれた人たちがいる
      その居場所を 自分だけの 自分たちだけのものにせず
   自分が与えてもらったように
       求めている遺族に 与えてほしい


それが 恩送りということ

    受けた恩を 恩を与えてくれた人ではなく
      自分がして貰ったように 次の人のつないでいく
その行為こそが
    亡くなった人たちへの 回向
回向とは
南無阿弥陀仏と唱える事だけではない
日ごろの生き方
  心の持ち方も含まれる

やさしさ
 おもいやり
       それも大切な功徳
 回向となる


   誰かの努力で  設置されている公開しての会に参加している人たちは
      必要としている人を
          やさしく迎え入れるべきである
会を立ち上げた人たちは
 必要としている誰もが参加できるように願ってたちあげている
だから
 自分たちが参加できた

会を継続することは容易いことではない
   立ち上げは簡単
でも 継続は地味な努力の結晶

   目立たないところで 会の継続のために
    いろんな 作業や いろんな人たちとのつながりを大切にしている人達がいる

    恩義に感じなくてもいい

       日の浅い遺族に
  やっと たどり着いた 遺族を  迎え入れる  広いふところを持ってほしい

   全国自死遺族連絡会は
  やさしい人がやさしいままで笑顔で生きられる社会を目指してきた

      数少ない 遺族が集う場所を

       公開し 必要とする人たちと つながってください

   亡き人たちからのご縁
       亡き人たちが結んでくれたご縁

   大切に 大事に  しませんか?

自戒を込めて!

hasu-2[1]

  

     
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント