FC2ブログ

差別を差別と自覚していない社会

miyamakaidou[1]

自死への差別は 是正されない
   偏見も・・・
       宮城県は 震災があってから なお一層 強くなっている気がする

    新聞も 自死の問題はほぼ取り上げない
    たまにいじめ自死の問題が取り上げられても 遺族の話ではなく
          教育委員会等のコメント

  そして 地域全体が  自死した子供を蔑み 親のことも蔑んでいる

    当然の権利として  情報開示請求をしても
     調査委員会が設置されても

       自分で勝手に死んで  それに気が付かない親も親だ
          学校は悪くないのに
            金が欲しいなんて ひどい親だ!とか
   普通に言われている

     議会でも  普通に蔑みの発言が飛び交う

     学校がいじめがあったと認めても
       議会も調査委員会の委員も
         子どもの責任と親の責任だという

     いじめた子供は 個人情報で守られ 
    親も子供も  幸せに何事もなかったかのように暮らし

    いじめられて死んだ子供は
     死んでもなお 蔑まれ 悪口を言われ
       親も 悲しみに追い打ちをかけられ 責め立てられる

   死にたい人なんていない

      何らかの原因があって 自死にいたる

    幸せなら死なない

     苦しみの中で死んで逝く

        幸せなのに  苦しんで死ぬ人はいない

     人が人を蔑むことは 

      傲慢そのもの

        自分はどれほどの 人物だと自負しているのか・・・

    同じ人間  大したことはない

          自死は弱い人 逃げた人

      という 発言をする人も多い

     無知は怖い

    生きているあなたは  どれほど強いのか聞きたい

        強い人が生きているのだろうか・・・

   そうは思わない

   いいかげんで 適当で
                  ずるい人が生き残っている気がする
          もちろん  私もその一人

     繊細でやさしいこころの人は
       今の社会は つらいかもしれない・・・

  見てみないふりをして
      みんなと同じことをして
 長いものに巻かれ
  権力に従い 疑問も持たず
     そんな生き方ができたら

                       追い込まれないで済むのかも・・・

  世の中は理不尽な事ばかり
          
     頑張りますimages.jpg

 お兄ちゃん

 かなしいね

     なんだろう

 とてもかなしい夜です

  
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント