FC2ブログ

負荷を取り除く対策

e0234924_8571129.jpg



   国の自死の対策の委員や大綱見直しの委員
    指針作成の委員
県や市の委員をしているのには 訳がある

 
   コツコツと相談に乗る活動や
わかちあいの会の開催も大切です

 が

それだけでは 国には声は届かない

    意見を言える場に参加できることも 重要なのです


   いくら 周りで叫んでも

     会議に参加しての声とは違う


     肩書なんて  どうでもいい

でも

       委員に なって  意見をいうことが

   少しでも 対策に反映させられることにつながるのです 

    自傷行為と自死を同じという人たちがいる・・が

      私は納得しない

       野田先生は「心」ってなんだ!「心の傷」とは何だ!といいます

    私がブログに精神医療の事を書くと

     精神薬を飲んでいる人からの相談が増えるので あまり書きたくないのですが

     遺族が遺族になってから  精神薬を飲むのはやめてほしいと思うから
       書くのです・・・

 そして
    悩みは 精神薬では解決しないから 書くのです・・・

    生まれつき  負荷も何にもないのに
    悩み苦しんでいる人の事は  私は医師ではないのでわからない

      自傷行為をする人って
    負荷もないのに  こころが傷つく人なのかな?

    生まれつき 赤ちゃんの時から

       こころが傷ついている人が いるのかな・・・・

   自傷行為をする人と  息子は同じなのかな

   息子は自傷行為で 自死したのだろうか

     死ぬことと  自傷行為って  同じなのかな・・・

      どうにも理解できない


  自死を  精神・・の問題だけで考えるのは なんか違う気がする

      それなら  自死の対策は 精神医療だけでいい

    普通に働いている人を  追い込まない対策

    普通に学校に行っている人を追い込まない対策

       普通に暮らしている人を追い込まない対策

      普通の人を うつ状態に追い込む社会的要因の是正

 それが 一次予防  二次予防

   今日は船岡に・・・  いじめの面談相談のため

明日は東京に~

  自死の差別と偏見について

    様々な差別撤廃のための 当事者の集い

    お兄ちゃんは
         自傷ではない
自死で逝った

    過重労働  パワハラ・・・  家族  精神薬

     どれか 一つ  なければ 生きていた

    昨日相談があった遺族

    息子さんは 懸命に働き  逝ってしまった

     
      働き盛り世代の自死が多い

   それも圧倒的に男性が多い

                 自死の問題は  本当にさまざまな要因が複雑に絡み合う

                images7A4T5CA6.jpg


   息子は なぜ死んだのだろう・・・と今も思う  

   

       
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント