FC2ブログ

自助グループの定義  地方行政は間違えています

523cf9a7a83d98a081d52c79c246d76b.jpg

自助グループ

自死遺族の自助グループの定義

 そもそも自助グループとはどのような集まりなのか

    12年前 国も行政も民間団体も  自助グループの定義を知らなかった

  国は知っていて あえて  ゆるゆるの表現にしていた

   あれから  上智大学の岡知史教授
       自助グループの研究者とともに  自助グループの定義の周知を図ってきた
それと同時に
  自助グループを広げてきた

今   国の指針では  自助グループの定義がある程度正確に示されている

 しかし  地方行政  県や市のレベルで  保健師さんの理解は進んでいない

 間違えていると 思っていないようだ

   声を大きく言いたい

    保健師さんがスタッフでいる会は  自助グループ・当事者会とは言いません

    ボランティアさんや医師・臨床心理士がいる会も
   自助グループとは言いません

         会の開催や閉会  何時から行うのか
             重要な事は 全て当事者本人・・遺族が行い

   わかちあい  の 時間に   当事者・・遺族以外の人が参加出来る会は
   自助グループとは言いません

      準備も  受付も  スタッフも  全て 遺族が行う
            
           そもそも

       保健師さんや臨床心理士や医師と
   自死遺族は 何をわかちあうのでしょうか

  わかちあうものがないのに  わかちあいはできません


    同じ苦しみ  同じ悩み  同じ悲しみ

    そして  相互扶助の関係であること

 支援者と支援される人に分かれるのは  自助グループとは言いません

     保健師さんのいる会を求める人もいるでしょう
 医師がいる会を求める遺族もいる事でしょう
  ボランティアさんがいる会のほうがいいという遺族もいるでしょう

  それを否定しているのではなく

      自助グループではない  と言っているのです


      支援者の会  医師のいる会   臨床心理士のいる会でいいと思います

       自助グループと名乗るのはやめてもらいたい

        自助グループの定義

   会の持ち主が当事者であること

       自死遺族であることが  基本です

   そして  運営にかかわる人すべてが 自死遺族であること


      周りで応援してくださるのは 大歓迎です

   お茶を提供してくれるとか
  会場費の補助をしてくれるとか
    寄付をしてくださるとか

     広報をしてくださるとか

   また  法的な問題の相談に乗ってくれるとか(別な場所で)

     いろんな支援があります

   そして何度も言いますが

  保健師さんが主催の会もあっていいのです
   臨床心理士さんもいいのです

ただし
 それを  自助グループと名乗らないでほしいのです

 自助グループではありませんから

  自助グループがいいとか  言っているのではなく

     保健師が主催でも自助グループ
       臨床心理士がいても自助グループ
 医師がいても…   
  誰が参加しても 自助グループというなら

     支援者団体とか 当事者団体とか いう言葉も必要がなく

   またはグループの全てが 自助グループとなってしまうのです

       自助グループではない 会を 自助グループと紹介するのはやめてください

   岩手も滋賀も 名古屋も・・・広島

     その他・・・の地方行政も   自助グループの定義を知ってください

   
           
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント