FC2ブログ

学校は責任は取らない 絶対に!

imgrc0072789906.jpg

昨日は いじめ自死と第三者委員会等についての講演を
 明石の渡部弁護士を招き開催

 大阪市もひどいようです
  神戸も・・・どこもひどい

教え子がいじめられて自死しても  好んで死んだかのように思うことのできる教師と教育長や教育局

  自分の学校で 生徒が死んでも  心の痛まない校長

    学校は 子どもが死んでも責任は取らない

    宮城県石巻市の 大川小学校も同じ
   
 何十人死のうが 学校jは責任は取らない

     だからこそ 親は学校の言いなりになる必要はない

    親の判断で 動くこと

    発達障害でもないのに 発達障害と言われて
       薬を飲ませて おとなしくなったjから・・よかった

   なんて
         まんまと 学校の  罠にはまり 
             子供の自然な発達を妨げている

精神薬を 子供時代に飲ませ続けていたら
   発達は遅れる
 身体的な発達もとまってしまう

    発達障害と言われ 発達障害を治すために精神薬を飲ませ(薬物治療は効果がないと医師は断言している)  

  結果 発達しない

 飲んだ頃よりも悪化する

     

    発達障害と言われて 治療薬を飲んで 20歳になった時
     その子は どうなっているのでしょうか

    発達はせず  一生 死ぬまで 精神薬漬け

     どうせ 治らないなら
      くすりは 飲まないほうがいい

  治るから クスリを飲むのです

  全く治らないのに  薬を飲むなんて ナンセンス

   害があるだけです

  15歳すぎたら たいていは 幼い子供のような動き方はしません

 どうして それまで 待っていられないのでしょうか

     子どもの発達は  一人ひとり違う

     他の子供と比較しない事
そして
   いじめは いけないと 何度も諦めずに教えることが大切です

     

  無責任なのが学校  無責任なのが会社
 無責任なのが行政  政治

    自分の身は自分で守ること

    それが 今の日本で生きる術

      一人ひとりは いい人なのかもしれないが

   組織という枠にはいると  目に見えない組織という力で 
 人間らしい気持ちが 薄らいでいく

    家に帰れば  いいお父さんが
       学校で  教え子がいじめにあっても
          しらんふり

  教え子が死んでも  死んだ子供がしにたくて死んだだけ
   
    それが教育者

       それが 社会

    亡き人の命を 無駄にしないためにも

     人を追い込む要因を 一つ一つ
           潰し続けるしかない

    人間の悪の部分ではなく  善のこころが大きく広がるように

    
    お兄ちゃんは 私の宝もの

     二つの宝物の一つが消えた

     今でも なみだが溢れて止まらなくなる

     胸が 痛くて  身体から力が抜けていく

        この胸の痛みは 一生続く

     今なら  救えたいのち

        今頃 いいオヤジになって

           カァチャン  ジャンボハンバーグ!食べたい

     と  ボソッと 低い声で・・・

        照れ笑いをしながら・・・

             言って  家族で遊びに来ていたのかな・・・


      守ってやれなかった   わたし
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藍たなけん

Author:藍たなけん
FC2ブログへようこそ!
仙台に住んでいます。
青森県津軽生まれ、B型 うお座 
主人と二男と3人暮らし
自死で長男を亡くしてます。
「悲しみは愛」「悲しみは愛しさと共に」「悲しみは私の体の一部」「悲しみを奪わないで」「悲しみを消そうとしないで」などを広めています。

最新記事
ご来場者様
ツイッター
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR