FC2ブログ

当事者本人の会と行政の会

img_1.jpg

自助グループ

 当事者本人の会

    立ち上げては閉会となることも多い

自死遺族のわかちあいの集い
   遺族だけの会

   誰かが立ち上げ
      スタッフがいても  いなくても
         半年や5年・7年 10年・・・で 閉会となるケースがある

images.jpg

それが自助グループ

   仕事として保健師が主催する会は
       担当の保健師が移動しても 誰かが担当になる
 それは命令 任務
     かかわりたくなくても  本心は面倒でも  仕事としてかかわる
  仕事の時間だけ

 仕事の時間以外は 遺族のことなど思い出しもしない

    それがあたりまえ

images8L6NDCB3.jpg

 ボランティアはどうなのか

   ある支援団体は  日当や講師料 を もらっている

    行政に頼まれている支援団委の代表は  講師料と交通費をもらっている

    無料ではない

    当事者たちの自助グループは・・・というと

全てが無報酬
    むしろ 自己負担が多い

   交通費も お茶代も  自前

      会場費も・・・

  daimonjisou.jpg

しかし

 行政の会  保健師が主催の会は
   国が対策を緩め  補助金も出さなくなれば
あっさりと
 閉会となる
   再開することもない

 支援団体も同じ

    自死遺族支援団体と言いながら
  震災が起きれば  遺族支援団体と定款をかえる団体まであるのだから


th6VRFF4FB.jpg

藍の会は2006年に立ち上げた
   つむぎの会仙台は2007年
 全国自死遺族連絡会は2008年
 
    自死遺族等権利保護研究会は2010年

  藍色のこころサロンも遺族の茶話会も2007年

    続けてこれたのは

  いろんな人たちのおかげ

      閉会も自由
  立ち上げも自由

それが 自助グループ

  以前から  ずっと考えていること

   全国の自助グループに 1年に1回は  おじゃましようと思っている

    1年に1回フォーラム
  1年に1回シンポジウム
  は開催しているが

    参加できない人たちもいる

   つながりを大切に・・・

   していくとはどういうことなのか ・・・

      お兄ちゃんと相談しながら

       遺族の ・皆さん・・・・・ よろしくです
      
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藍たなけん

Author:藍たなけん
FC2ブログへようこそ!
仙台に住んでいます。
青森県津軽生まれ、B型 うお座 
主人と二男と3人暮らし
自死で長男を亡くしてます。
「悲しみは愛」「悲しみは愛しさと共に」「悲しみは私の体の一部」「悲しみを奪わないで」「悲しみを消そうとしないで」などを広めています。

最新記事
ご来場者様
ツイッター
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR