FC2ブログ

悲しみは薬を飲んでも消えない

resize0222.jpg

 悲しみが消えるクスリはない
  悲しみが軽くなるクスリもない

 悲しみが薄まるクスリもない

   だから クスリを呑んでもしょうがない

   クスリを呑んで 頭がボーっとしても

      クスリが切れたら また悲しみがある

   悲しみそのものが なくならない限り
      クスリではどうにもできない

     睡眠薬飲んで 寝ても

     起きたら 悲しい

 寝てても 悲しい

     身体全部が悲しいんだから 睡眠薬で寝ても 忘れられない

    不安薬なんて  何の役にもたたない

    そもそも不安薬ってなに!

 不安の緩和って

    ボーっとさせるだけ

 思考の低下
   考える力を弱めるだけ

   悲しみのみ 考える力を緩和することはできない

    思考全体の緩和  低下

  家事はできなくなる

    掃除もしたくなくなる

    人への配慮はできなくなる

衝動的 本能的な 部分だけ残る

     悲しみは 愛している人だから悲しいという感情が生まれる

   こうしても 亡くなっている人はいる

でも悲しみを感じない

テレビや新聞で  亡くなった人の報道があっても

    自分の愛する人が亡くなったような悲しみは感じない

   それが人間

  愛という感情が  悲しみという感情を生み出す

 誰も 一人も  愛する人がいないひとは

   周りで誰か死んでも 悲しみという気持ちはうまれない

    愛という気持ちとイコールなのが悲しみという気持ち

 愛が浅ければ
    悲しみも浅い
           愛が深ければ 悲しみも深い

   深さの表現は  人それぞれ

 ひとりひとり 違う

でも人間は

   悲しくても ご飯は食べる
    悲しくてもお風呂にも入る

 悲しくても 洗濯もする

     悲しくても 仕事もしなければ・・・収入がなくなるから働く

   悲しい悲しい悲しい・・・と 毎日朝から晩まで泣いていても
    お腹は減る

  寝ないで 悲しもうと思っても
   3日過ぎると眠くなる

    トイレにも行く

   時間は必要です

       亡くなったばかりの時と
 1か月後 半年後 1年後
  5年後 10年後  20年後 30年後

   同じではない

   それが人間

時間はいろんな意味で残酷

 遺族は薬は飲んではいけません

 遺族になる前から飲んでいる遺族は  私は医師ではないので何とも言えませんが

 遺族になって  精神薬を飲み始めた人は やめたらいいと思う

 飲んでも 百害あって一利なし

 無駄です

    何の役にもたたない

    遺族の相談を受ける人も
 遺族の悲しみに効く薬はありませんから
    勧めないでください


悲しみもまた わたしのもの 大切な愛

    悲しみが 消えない 自分は 息子を今も深く愛しています
     母として息子を愛する気持ちに誇りを持っています

    悲しみもまた 私の誇りです

息子への愛ですから0bd3dcd7161e6ac340ab8cecfc80fdab.jpg


   
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藍たなけん

Author:藍たなけん
FC2ブログへようこそ!
仙台に住んでいます。
青森県津軽生まれ、B型 うお座 
主人と二男と3人暮らし
自死で長男を亡くしてます。
「悲しみは愛」「悲しみは愛しさと共に」「悲しみは私の体の一部」「悲しみを奪わないで」「悲しみを消そうとしないで」などを広めています。

最新記事
ご来場者様
ツイッター
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR