FC2ブログ

山形の青い会にいけばよかったと後悔している

isunoki.jpg

今日、山形の「青い会」にいこうかどうか
昨日からまよい 寝ていても 頭から離れず ギリギリまで決断できずにいた
 なぜか 気になって
      書類書きと御礼状と手紙・・・
        書類の整理が 山のようにたまっていて・・・
           優先してしまった

    これでよかったのだろうか・・・と 今も気になっている

     なぜか・・・わからないが気になっている

     あれもこれも 自死の課題が見える
        か
  能力が追い付かない

   自死への差別と偏見は いたるところにある
      
   遺族が中心になっていないから・・・

      遺族の事ですら  遺族は蚊帳の外

     蚊帳の外という事に 気が付いていない遺族がほとんど

     「自殺総合対策大綱」「自殺対策基本法」が存在することを知らない人が多い

      毎年多額の税金が投入されているのにもかかわらず
         ほとんどの人は無関心

     自死以外の対策も 多くの人たちは無関心

     自分のことなのに・・・

 自分の知らないところで 自分たちが語られ
      差別や偏見の目で対策が作られていることも知らない
  知らないほうが幸せという言葉が日本にはあるが
   私はそうは思わない
   無知と無関心は 
      社会を偏らせる

  いじめと不登校が蔓延している学校という社会

       それはどうしてなのだろうと最近思う

    野田先生や堀先生と学校について話すことが多くなり
  教職員組合の人たちや高校の校長からも話を聞き

      最近の中学校は 部活も必須に近く
        柔道剣道という武術を推進し
      1分刻みでスケジュールが決められ
          体育の時に着替えたら  制服に着替えずに ジャージのままで
  授業を受け・・・午後の掃除に備え
     部活にと流れる

    午前中に体育があったら 午前中からジャージで授業を受け、昼ごはんもジャージ
       午後の普通授業は全てジャージ

   着替える時間がもったいない・・・という考えのよう

      1分2分 どうでもいいと思うのだが・・・
どうにも細かい
   挨拶もロボット・・・いや 軍隊のようにハキハキというらしい

      大人の都合に合わせる 教育

     子供時代は二度とない貴重な月日
    大人の時間は長い

     子供時代はあっという間

       5歳は5歳なりの
  10歳は10歳としての
 その年齢にしか体験できない
    自由な発想を楽しんだらいいのに

    大人の発想を押し付け
 大人の価値観を正しいと決めつけ
     大人がみて いい子供を育てようとしている
 
   昔天才 今普通  
       よくある話

    軍隊のように 制服を着て
  軍隊のように 隊列を組み
  軍隊のように 教師の命令に従い
  親のいう事を聞き
    いい学校 いい大学  いい会社
 成績だけよくても
     人間としてクズのような人がいる
  教授でも医師でも 
    人柄が最低の人も多い

   義務教育は 社会に出て 幸せに暮らせる知識を身につけること

  それだけでいいのになぁ・・・

  なんか違う
20140814232923ead.jpg

    
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藍たなけん

Author:藍たなけん
FC2ブログへようこそ!
仙台に住んでいます。
青森県津軽生まれ、B型 うお座 
主人と二男と3人暮らし
自死で長男を亡くしてます。
「悲しみは愛」「悲しみは愛しさと共に」「悲しみは私の体の一部」「悲しみを奪わないで」「悲しみを消そうとしないで」などを広めています。

最新記事
ご来場者様
ツイッター
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR