FC2ブログ

基本法も大綱も素晴らしい・・が 実際の対策は・・・?

17c7d56e.jpg

やさしい人たちを追い込まない対策を推進して
   自死する人が減るのはありがたいこと

全く問題ない
 大賛成

しかし

  私がなぜずっと 意見を言い続けているのか

 それは
     彼らの根底には自死への偏見と差別が大きく存在するから。

 差別と偏見を持って対策を論ずるから
   見当違いの対策になって

 むしろ 人を追い込む対策になっていると
      自死遺族として自死遺族の人たちから話を聞き
         亡くなった人たちの声を聞き
     活動してきた 私は感じるのです

この問題で亡くなった人が
   今、この問題の対策だというこの内容で 生きているだろうか

  亡くなった人の声が聞こえる
「違う・これではやっぱり死ぬしかない」と。

   反対のための反対をしているのではない

     役に立つ対策だと感じたときは素直に「とてもいい」という
      すごいという
      尊敬もする

   しかし 多くの対策は当事者が欲しいと思うものはあまりない
  たまに
  すばらし内容で実施されても
      必要とされても やめてしまう


   震災後の被災地でのお茶会・・サロンをボランティア団体が開催していた

   たくさんの被災者が参加していた
   求められていた

     しかし 彼らは あっさりと やめてしまった

 なぜ・・と聞いたら

   被災地まで出向くのが大変なので
     人材の確保が難しい

顔の見えない傾聴電話のボランティアが主体なので
  顔の見えるお茶会はしんどい

     というのが理由

    仙台市内で 震災の遺族の集いを開催していたが
       参加者がいないのでここもやめた

   参加者が多いということは必要とされている
    必要とされている会を閉会
     続けようと思っていた会は参加者が少なくて閉会

    自分達がやりやすい方法での支援

   参加する人が不自由だろうが 関係ない

      そんな考えかたの支援が多い

  つながる人たちの事なんて 関係ない

     支援する側が 
楽して 支援をしているという気持ちを満喫できたらいい
  そんなふうに感じてしまう対策が多い

自己満足

    働き方の改革が必要
       でも 24時間サービスを求める人がいる
   土日祭日 夜中朝方 関係なく 同じサービスを求める国民
そのために
 24時間 休みなく 働く人たちがいる

    一日3交代勤務ができる会社はいいが
    できないところは 一人で24時間働くケースが多くなる

 しかもサービス残業

24時間働いたら 次の日休みならいいが
   午後勤務の16時間・・・

週40時間勤務なんて  夢の夢
     そんな会社が日本にどれほどあるだろうか

 働くために生まれてきたのではない
     人生を楽しむためである

   楽しむために 働くのである

     35年間  ほぼ休みなく  働き続け
       自死した人がいる
          全国チェーン

    途中退職者も多く 自死も多い
       でも
    改善されていない

    たまに休暇が取れても  社長の自宅の仕事を手伝うように指示される人たちもいる
     そんな人たちはほぼ休みがない

 人も増やさない

 少ない人数で 仕事の量は多い
  仕事をやらないと 店舗が営業できない

 やるしかない

 やめるか 続けるか・・・

頑張る人が頑張るだけ  人材は増やさない

   

利益は上がる

    過労死・過労自死の運動の歴史は長い
     でも相変わらず 過労とパワハラでの自死者は多い

   学校も同じ
警察も…自動車会社も
  病院や研究室も
 下請け企業も

    自死の対策で効果が出ているのは
 債務問題の自死
   具体的対策が実施されたから

   しかし他の原因は 相変わらず多い

 子供たちの自死は 人数はほぼ同じ
   ということは
少子化を考えたら 割合としては増えている

    日本の自死の対策は
       10年間かけて ようやく当事者の声が届くようになった

がしかし

 今はどうなのか

   一部の団体につながる民間団体の意見だけが取り入れられ
   密かに
    強引に
      やりたい放題の対策が推進されていくことになってしまった

    心の底から 自死の問題を考えている人は少なく
       義務的に 仕方がなく やろうとしている行政には
           いいかげんな 適当な
 派手な パフォーマンスだけの 対策のほうがやりやすい

    そこで犠牲となるのは

   苦しんでいる人たちである

      これから も  自死は減らない

      減っていくとしたら

   コツコツと地道に活動をしている人たちの力
     一人・・一人・・ひとり
  丁寧に 相談に乗り 解決して
    本人の生きる力生きたいと願う思いを引き出すことができる人たちの活動の力

決して
 派手な運動 派手な講演会
 一人のカリスマではない

  生きてください
   生きていてください
      一緒に苦しみ 一緒に解決し 一緒に生きて欲しい
  
ひとりひとり 大切な大事ないのちです


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藍たなけん

Author:藍たなけん
FC2ブログへようこそ!
仙台に住んでいます。
青森県津軽生まれ、B型 うお座 
主人と二男と3人暮らし
自死で長男を亡くしてます。
「悲しみは愛」「悲しみは愛しさと共に」「悲しみは私の体の一部」「悲しみを奪わないで」「悲しみを消そうとしないで」などを広めています。

最新記事
ご来場者様
ツイッター
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR