FC2ブログ

追い込まれた末

img_0.jpg
国の自殺総合対策大綱
「自死は追い込まれた末の死である」として
「誰も追い込まれない社会の実現を目指す」とうたっている

「死にたい人」ではない

〇のちの電話の標語に「死にたい気持ちに寄り添って」というのがある
「死にたい人」「死にたい人に寄り添う」とか
  死にたいという表現をする人たちが支援者には多く
  社会もまた「死にたい人」が死ぬのが「自死」という概念がほとんど

人間の本能である「生きたい」という人が大多数なのに
 「死にたい」と思う特殊な心を持つ人たちの死が自死
  という無意識の意識がある

 自死にかかわる 専門家や支援者でさえ 死にたい人という認識

  いじめも
いじめた側の加害者に注目しない
 いじめられた子供の性格や育てた親の責任に焦点を当あてている社会
  いじめた子供はそのまま放置
   いじめた子供の将来を考えて・・・というが
   いじめられて死んだ子供の将来は 考えてくれなかったから死んだのに・・
     生きていたんですけど・・いじめがなければ生きていたいのちで将来があったのです・・

いじめた子供だけが守られ
  いじめで死んだ子供は
  死んでも尚 蔑まれる
    発達障害とか思春期うつとか・・・
 いじめられやすい性格の子供だった
    親がいじめられれやすい子供だということを認識せず
        精神科の治療を受けさせないことがいじめが起きた原因だ
   いじめたのは
     そこにいじめられやすい子供がいたからで
   その子がその学級に存在していなければ いじめることもなかった・・・

   という言い訳
             いじめられて死んだ子供がいじめを誘発したかのような教育機関の
                答弁とマスコミ

    弱い人・逃げた人・がまんが足りない人
     いじめを苦に死ぬなんて・・・という認識

      いじめてはダメです 何の権利があっていじめるんですか

   人をなぜ追い込むんですか

なぜ 蔑み なぜ罵声をあびせ なぜ叱責するんですか
    なぜバカにするんですか

   人を追い込む人は  心が荒んでいます
    人を追い込む人は  不幸な人です  
      自信のない人

  人間のクズです

    今の日本は 幼稚なクズが多い

   息子が中学一年の時
     汲み取り便所で 数人に押さえられて
       大便の便器に頭を下げられ
  ズックであざができるほど  踏まれていたことがあった

    担任に相談したら
    「まじめすぎるんですよ」」と・・・

   まじめだと 便器に顔を突っ込まれて  あざができるほど踏まれていいのでしょうか

     あだ名をクソ健・・・
      それでいいのですか・・・

    学校と交渉を続け   
     子どもが担う委員会の委員を違うクラスの仲良しと同じに選んでもらったり
  2年はクラス替えはないのだが クラス替えをしてもらったりした

    息子のクラスは不登校が5人いた


  不登校の子供も 息子も
     そのクラスでなければ いじめられませんでした

 いじめられて当然という子供はいません

  いじめてはいけません
    パワハラもダメです

  罵声もダメです  ののしりもいけません

   人が人を追い込んではいけません

     死にたい人なんていません

     死ぬほど苦しめられているだけです

     最後の最後の 砦であるべき
       精神科医療も
  むしろ 追い込む側です

     自分たちの事は自分たちでやるしかない

   そして少人数でも やさしい心ある人たちはいる

     心のある人たちと 人のやさしい社会を目指す努力を続けるしかない

    自死しましたが
息子は頑張って生きようとしました
 生きてきました
    やさしい人でした

   やさしくて死にました

    死にたくて死んだのではありません

  言い続け伝え続けて行きます

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藍たなけん

Author:藍たなけん
FC2ブログへようこそ!
仙台に住んでいます。
青森県津軽生まれ、B型 うお座 
主人と二男と3人暮らし
自死で長男を亡くしてます。
「悲しみは愛」「悲しみは愛しさと共に」「悲しみは私の体の一部」「悲しみを奪わないで」「悲しみを消そうとしないで」などを広めています。

最新記事
ご来場者様
ツイッター
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR