FC2ブログ

やさしい人が生きづらい社会

515438b0f9500ef6f85ddfe80bff9f29.jpg

 人の欲望は限りがない
    もっと・もっと・あれもこれも
いのちにかかわる活動をしている者は
   自戒は必須

   やさしい人たちが自死する社会
  
  弱い者いじめではなく・・・やさしい人いじめ

      くさい キモイ と人に言うやつは
         歪んでいる
     悪の心でいっぱい
人の不幸を喜び 人の苦しみを見て満足する

    時々そんなやつを 思いっきりいじめてやりたいと思うこともある

    目には目を・・・
  社会はそれでいいのか

   学校はなぜいじめる子供を 指導しないのか
    なぜ
   いじめられている子供の責任にするのか

     いじめられている子供にいじめられる原因があるという学校や社会の言い分が理解できない

   いじめている子供は
  やさしくない子供である
     いじめている子供は どこかに不満があり
  生育に問題がある

 普通に育てたら  いじめる側にはならない

     いじめている子供の親は 反省しない

    自分の子供がいじめたことで 人の子供が死んでも平気で
   いじめられた子供に 責任がある

  うちの子供はいじめていない
 からかっただけ

という

 からかいで死んでしまう子供の親が悪い

    そんなふうにいう

   意地悪をする子供
  人に臭い きもい 死ねという子どもは普通ではない

    いじめる側が多くて いじめられる側が少ない

    学校は 大多数のいじめる側の味方をする

     学校がいじめを認めているのが現実

    大人の世界でも同じ

 日本の若者の死亡原因の一位は自死
   それって普通ではない

   若者が夢を持てない社会
   それは大人たちが作ってきた今の社会が人にやさしくないということ

   自死者は減ったというが
   債務問題だけが半減しただけ

    若者の自死は国の発表よりはるかに多い

 WHO世界保健機構の自死の基準

    を日本は無視して

   行方不明者は自死とカウントしない
変死も入れていない

  何割かを自死とするというのが世界的基準

    日本はこの基準を守ると
 10万人越えになる

    世界の中で ダントツの一位になってしまう

   国は 検案した結果自死と監察医が自死と認めた事案だけのカウント数が現在の自死者数

    その検案も・・・

精神薬を多く飲んだり
  橋や崖・ベランダや窓からの飛び降り等は 事故死・不審死としているケースが増えている

 そんなふうに細工を施しても
  若者は増えている

     なぜ・・・

それは 追い込む原因の改善はしていないから

 いじめもそのまま
パワハラもそのまま

 過重労働も ・・・

  自死の予防のカリスマ専門家のNPO法人の代表が
    愛知の豊田市の自死は減っていない と発言

そりゃそうです

 トヨタ自動車があるから・・・

     自動車会社の自死は多い

下請けも多い

     債務問題のように 具体的対策をすれば 必ず減る

    学校のいじめが増え いじめ自死が増えたのはなぜ

   対策が見当違いだからです

     幼稚なのです・・・

 立体的に 人の苦しみを見られない人たちが対策をたてているから
幸せな人たちだけで
  対策をしているからです

 当事者の声を聞かずに
   苦しみなんて味わったことのない人たちが
     たてる対策が  
 見当違いになり
 むしろ追い込んでいる場合もあります

   自死の予防や防止ではなく

 自死推進対策のような気がします

    自死の予防という全体的正義を掲げて
       自分たちの欲望を満たしている人たちが多いのですから

    必然です

子供や若者・働き盛りの自死が減らないのは

 あたりまえです

力のない自分が悔しく悲しい
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藍たなけん

Author:藍たなけん
FC2ブログへようこそ!
仙台に住んでいます。
青森県津軽生まれ、B型 うお座 
主人と二男と3人暮らし
自死で長男を亡くしてます。
「悲しみは愛」「悲しみは愛しさと共に」「悲しみは私の体の一部」「悲しみを奪わないで」「悲しみを消そうとしないで」などを広めています。

最新記事
ご来場者様
ツイッター
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR