FC2ブログ

自死で逝った息子に失礼のないように生きたい

20090203205323[1]

  死にたいという言葉を聞いたり見たりすると
    心臓がバクバクする
  遺族にはとてもキツイ言葉
    
  息子の死後 精神薬を飲んでいた私は
     息子の後を追いたいと 二度試みた
  死ねない自分がいた
    息子は一度で逝った
    2度試しても死ねないのに、死ぬとか死にたいという言葉を言うのは
  息子に失礼だと思ったから
   2度といわないことにした

   そして  生きるしかできないなら
     これまでの生き方を改め
自死の問題に取り組んで生きようと思った

   どんなことを言われようが 息子が残した自死という事に生きることの全てをかけようと・・・
     怖いものはない
       批判もたくさん言われてきたし今もある
 でも私は息子からの・・・
    他の遺族からの・・・亡き人たちからのメッセージを聞き
伝えて行くと決めている

愛する家族を失ったからこその気づき
     たくさんの遺族の声を聞き その声の中にある亡き人の声を聞き
      自死の予防や防止・・遺族支援・・・を生業としている人や
  ビジネスにしている人・・そして真面目に取り組んでいる人も含めて
     自死に一番近い遺族の声を届け 
対策や支援にいかして
   自死を減らしてほしいと願っている
 
  ビジネスにしている人たちは
 程よく減り 程よく増えてほしい
   ゼロになったら困る
 
支援が仕事の人たちも減っては困る
  苦しい人たちが存在しないと支援ができなくなるのですから・・

   全員が幸せだと困る人達もいる・・・残念です

     遺族として 私は自死がゼロになってほしい
   そう思って活動をしている

   遺族の会も必要としない社会であってほしい

     そのためには

    やるべきことがたくさんありすぎて・・・
      
ひとつひとつひとつ・・・一つずつ・・

     精神医療の腐敗はひどい
    生きたい!元気になりたい!幸せになりたい!と
     医療を信じ 
    悪化し 薬に追い込まれて自死した人はものすごく多い

    最後の砦であるべき医療が 役に立っていない
       
    精神薬の支配は国を亡ぼす

      苦しみを死にたいという言葉で表現する人が多い
   死ぬほどの苦しみとか
 死んだほうがマシ・・とか

   本当に死んだほうがマシと思っているのか・・・は?

    息子が自死で逝ってから 
      死にたいとか死にたい気持ちとか
    自殺願望とか自殺志願とか
 悲しみのケアとか
     癒しとか
  深く考えてしまうようになった

    悲しみを癒すとかの言葉にはイラっとする
 自死を貧困と決めつけて いる人たちにも ムッとする

   理不尽な社会
  無知な人たち
私も無知の極みですが・・・

    私は自死した息子に失礼をしないように生きようと思っている

何やってるんだよ・・・といわれないように

    息子への償いの一つとして
死にたいという言葉は決して言わないと決めている
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

藍たなけん

Author:藍たなけん
FC2ブログへようこそ!
仙台に住んでいます。
青森県津軽生まれ、B型 うお座 
主人と二男と3人暮らし
自死で長男を亡くしてます。
「悲しみは愛」「悲しみは愛しさと共に」「悲しみは私の体の一部」「悲しみを奪わないで」「悲しみを消そうとしないで」などを広めています。

最新記事
ご来場者様
ツイッター
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR