FC2ブログ

誰もが追い込まれない社会を目指す 

DSC08411[1]

自死は追い込まれた末の死である
  誰もが追い込まれない社会を目指す

     と 
国の大綱に掲げられている

 しかし現実は
自死の対策に関わっている人ですら
   自死は個人の問題 家族の責任
     逃げた人  弱い人
 死にたくて死んだ人

   という考えがほとんど
   
対策を講ずる人や様々な社会問題にかかわる人たちが
   その程度の意識ならば
   一般の人たちは 
自死の多くは追い詰められた末の死だと理解できるわけがない

   自死への理解を広める立場の人たちの意識をまずは変えてほしい

    死にたい気持ちに寄り添って
         死にたい気持ちに寄り添う事も重要だが
     死にたくさせた問題の解決はしなくていいのか
      
 普通に生きてきた人を 死にたい気持ちにさせた社会の問題はそのままの放置して
    寄り添うだけ・・・の対策に力を注ぎ
      寄り添い人の育成に懸命だ
   寄り添う場所と人材育成
     
根本的問題解決はしない

  債務問題での自死は半減した
それは具体的対策を実践した結果である
追い込まれない仕組みを作った結果の減少

   3万人から2万2千・・・
多くは債務問題
他の原因での死は減っていない

    それは 相談や相談場所作りだけの対策だから
   減るわけがない

 教育をかえること
長い年月がかかるが教育をかえる必要がある

経済も大切だが
    人を大切にしたうえでの経済だと思う
  経済優先・・・いのちは二の次
    経済優先・・・人間らしい暮らしは二の次
 とにかく経済・・・
   人を追い込む働き方の考え
     
    義務教育が 楽しくない
       教える側も幸せ感がない
   教わる子供も苦しい

   義務教育は 楽しく学べることが優先されるべきだと思う

   介護に関しても 重労働である介護職の賃金も含めた補償の薄さ
      介護という職業への無理解

   農業も都市周辺の地域は収入も見込めるが
      私のふるさとの青森県北津軽郡の津軽半島の北の端っこでは
        農業での収入では暮らせない
  だから昔は出稼ぎをしていた
 
    青森だけが過疎ではない

      全国 過疎地が増えている

     70歳前後の団塊の世代が 一番若い人という地域

 あと…20年したら 空き家と空き地が増えて行く
      子どもも減っていく
     人口も減少  

   若い人の自死が減らない

     子供の人数が減って少子化対策といいながら
  生まれた子供を大切にしない国

   産むことの推進も大切だが
       生まれた子供が
   生まれてきてよかったと思える仕組みづくりはしない

 産んでくださいといい
 産んだ後は 社会で追い込んでいく
                       
     人を大切にしない国

    若者の自死が多いのは 大人が作った社会の責任

   一見平等
 一見自由

   しかし 同じでないと 生きにくい
     島国としての日本

   違う事を一見認めているふりをして
        秩序を保つという名目で排除している

   自死の問題の中で100パーセント生きていると

   社会のゆがみや歪み
  理不尽さ や  不平等さ
     差別と偏見

   いじめ・いじめ・・いじめ

 利己主義 権威とは 
       ・・・・
 様々な人間を知ることになる

 自分で考え 疑問を持ち
    自分で判断する   という人が少ない

権威が大好き
 ブランドが大好き
    有名人が大好き

 おれおれ詐欺も日本独特のもの

    教育は大切
 教育は国の宝

教育は学力だけではない

知識と教養と学力はイコールではない

  自死の問題は社会の問題

   追い込まない社会を目指すことが自死の対策の中枢である

 追い込まれる社会を認めてはいけない

    人が死にたくなるのが普通の社会は異常である
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藍たなけん

Author:藍たなけん
FC2ブログへようこそ!
仙台に住んでいます。
青森県津軽生まれ、B型 うお座 
主人と二男と3人暮らし
自死で長男を亡くしてます。
「悲しみは愛」「悲しみは愛しさと共に」「悲しみは私の体の一部」「悲しみを奪わないで」「悲しみを消そうとしないで」などを広めています。

最新記事
ご来場者様
ツイッター
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR