FC2ブログ

「弱い人」「やさしい人」


栗原市のバス停までの道端に咲いていた・・・


文科省の担当者も校長会の担当者も教育委員会の長にも・・・心の底には、心が「弱い人」という考えがあります。
マニアルにも書かれています。

会議で話を聞いていても、「弱い人」

新聞の投稿にも武士道の精神で鍛えれば自死はなくなる!と書いた指導者がいます。

(ちなみに息子は警察官なので、柔道も有段者で、逮捕術の指導者でした・・・)

でも・でもです・・・まだまだまだ弱い人が自死をする!という考えが主流です。残念ですが・・・

このことを払拭していきたいと、日々活動をして伝えてきました。が、全く足りません器量がたりません

私も息子が亡くなるまではそう思っていた一人でした。
 だからこそ、遺族になって違うことを知ったことを伝えなければ、と思っています。

「弱い人」ではなく「優しい人」が亡くなるのだ!!!と。


優しい人は弱い人ではありません・・・

日本は、武士道や特攻隊や努力・根性が大好きです

  ずるい人が優しい人を追い込んだとき、優しい人はずるい人を責めずに、自分が我慢をすればいい・・と・・・
人間の我慢にはそれぞれに限界があります・・・

無限大に我慢と優しさの限界のない人??もはや人ではなく「神」「仏」です

  限界を超えたとき心は壊れ、生きることより・・・死という世界を思うのか・・・と・・・


癒やしてあげたい人達がいっぱいです・・・

   心はそのひとのもの・・・誰かが代弁できるものではない・・・

本人が語ってこそ・・言葉はいき心に響くもの・・・

   言葉にならなくても、その人の語ろうとする姿や書こうとしている息吹でさえ・・本人であることが
      重要です・・・

本人以外の人がどんなに言葉を駆使しても、所詮は他者です・・・

       

震災の地だからこそ「全国自死遺族フォーラム」を仙台市で開催しました。

どこかの有名な団体とその系列団体は、定款からも「自死遺族」という言葉を削除
  遺族支援という名目で・・・震災の遺族に絞って支援

名前も自死遺族・・・ではなく・・・グリーフなんとか・・・

  
遺族が遺族を傷つけないで欲しいと願うばかりです

   他者たちは・・・そんな程度!!!なんです。

    遺族の気持ちはわからないけど・・・求められたときに自分が出来ることをやってくれる・・・

  それが支援!だと・・・思います。

そんな人たちの輪も広がっています
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藍たなけん

Author:藍たなけん
FC2ブログへようこそ!
仙台に住んでいます。
青森県津軽生まれ、B型 うお座 
主人と二男と3人暮らし
自死で長男を亡くしてます。
「悲しみは愛」「悲しみは愛しさと共に」「悲しみは私の体の一部」「悲しみを奪わないで」「悲しみを消そうとしないで」などを広めています。

最新記事
ご来場者様
ツイッター
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR