FC2ブログ

自助グループの活動と支援活動

hb44600_ep[1]

「わかちあい」の時間
「わかちあうこと」の意味
自助グループができる「わかちあい」
当事者本人だけだから成立する「わかちあい」

 「わかちあい」のくくりをどのようにするのか・・
   体験した者同士のわかちあい
 「子供を亡くした母」のわかちあい
 「子供を亡くした父」のわかちあい
「子供を亡くした親」のわかちあい
「親を亡くした」わかちあい
「母を・・」「父を・・・」「兄弟姉妹を・・・」「従妹を・・」「恋人を・・」
 「友人を・・」「知人を・・・」
「家族を亡くした人・・」「友人知人・・・家族・・遺族なら誰でも・・何十年前でも・・・」
・・・・・・・・・・・
 ・・・・・・・・・・・・ くくりはたくさんある

「自死で家族を亡くした」わかちあい
「自死で子供を亡くした」わかちあい
「自死で知人を・・・」「自死で兄弟姉妹を・・」
・・・・・・
  ・・・・・・・
 「自死で恋人を・・」「自死で同僚を・・」
  それぞれに自助グループとしてわかちあいの集いを開催したらいいと思う

自死というくくりだけで 友人・知人・恋人・別れた恋人・別れた夫や妻・・・家族・・
   という自助もありかもしれない
 私は「わかちあい」は自死遺族というくくりをしている
    「子供を亡くした親」というくくりにしている
 「家族を亡くした人たち」というくくりもある
しかし
 家族以外は入れない

家族以外に参加できる会もある・・・
 家族以外の人たちはその会に参加したらいいと思う

   参加したい人は
その会の特徴を尊重しながら 選べばいいだけ
「友人を自死で・・」という会には遺族は入れない・・当然である
その反対に「自死遺族だけ」という会には自死遺族以外には入れない
   それも当然である
認め合う事が大切

 ただ 「仕事」として「ボランティア」「支援者」としてその会に参加する事ができる会は
  自助グループではない
「支援する人」「支援される人」に分かれるのは自助グループではない
  相互扶助という考えが自助グループである

ピラミッド型ではなく
  ジャングルジムのような構図

 誰でもが支援者にもなり誰でもが支援をされる側にもなれる
   それが自助グループのわかちあい

   同じ・・・という事が大切
同じ苦しみ・同じ悲しみ・同じ悩み・・・・

  遺族ではなく  断酒会も同じ  依存症の会も同じ
      広い意味なら
        弁護士会も 司法書士会も 医師会も 議員の会も 県民の会も・・・
    自助グループである

  自死という 差別や偏見の目が強く注がれる遺族には
     遺族だけでの話合いの時間は大切です

 誰にでも 自死でしたと言える遺族なら
    自助グループに拘る必要もないと思う

  支援者と言われる人たちは
     なぜ「自死遺族」に拘って支援したいのだろうか
しかも
「悲しい」時間だけ
  「悲しみ」の以外の支援(法的支援とか)ができないから
    「悲しみ」なら資格もいらないし・・・
  ただ聞くだけでいいし
     ・・・
      「悲しい」話の時間だけでいいし・・・
  ひと月に1回 2時間程度でいいし・・・
     他の時間の接触は考えなくていいし・・

  そんなとこかな

   遺族同士はそうはいかない
  携帯電話番号を公開し 自宅の電話を公開し
  住所もメルアドも公開して いつでも連絡可能にしている
    夜中に連絡がある遺族は極々少数
       それもたまに・・・
でも
  連絡ができるという安心感は必要です
「わかちあう」事
  一人ではないと感じる事

支援団体に参加して 一人だけだとしたら
   孤立感が増す
自助グループは
  運営側が遺族だから 受付も遺族
  参加したら必ず遺族がいる・・・
一人ではない
 参加者が一人でも遺族二人で「わかちあい」ができる

   遺族のわかちあいに参加するだけが支援ではない

  会場の確保 会場の設置 準備
 会場の片付け 
広報等々 たくさんできる事がある

   下働きのような支援は満足感が得られないのだろうか

支援者は黒子の役目 目立つものではない
  雑用係が支援者だと思っている
  
そんな支援者は・・・なかなか・・・いない

 ほしい
   心から そんな支援が欲しい

  わかちあい以外の活動は  様々な人たちとの連携が必要ですから
    つながって欲しいのですが
      つながってくれない

   なんだろう・・・

 遺族が求める支援は拒否して
求めていない支援は積極的にかかわり 当事者の活動の妨げにもなっている

  どうしてでしょうか   
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藍たなけん

Author:藍たなけん
FC2ブログへようこそ!
仙台に住んでいます。
青森県津軽生まれ、B型 うお座 
主人と二男と3人暮らし
自死で長男を亡くしてます。
「悲しみは愛」「悲しみは愛しさと共に」「悲しみは私の体の一部」「悲しみを奪わないで」「悲しみを消そうとしないで」などを広めています。

最新記事
ご来場者様
ツイッター
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR