(一社)全国自死遺族連絡会

20120905172847.jpg


2008年1月1日 設立  全国自死遺族連絡会

 当時も現在も日本で唯一の自死遺族の総合支援を目的とした
 自死遺族当事者の全国組織の活動団体です

  自死遺族の個人会員数が3000人以上
    会員がそれぞれの地域で わかちあいの会等の活動をしています

    「わかちあい」は遺族同士で・・遺族だけ
その他の
  遺族が必要とする支援は それぞれの専門家との連携をして具体的解決をしています

 自死遺族等への差別的問題は
  「自死遺族等権利保護研究会」を開催し
    具体的相談は
「全国自死遺族相談支援センター」
    私「田中」が電話やメールで相談を受け付け
  弁護士や司法書士等につなぎます

   心ある弁護士や司法書士ばかりです

   私が信頼している専門家たちです

  行政の役割は
    わかちあいの会の広報や場所の提供
       総合支援の実現のための連携です

行政
専門家
ボランティア
自死遺族本人
   それぞれが 自分たちが得意とする分野を受け取り
       ゆるやかにつながり  目標は
  自死遺族本人が納得してくれる支援です

なのに なぜ
「わかちあい」が遺族同士で集い話すこと
   と言いながら
遺族以外の人たちが「わかちあい」の時間に混ざるのでしょう

自死遺族の悲しみに興味があるのでしょうか
 人が自死という家族の死に直面した時
     他の死と違う悲しみ方をするのか知りたいのでしょうか

  幸せいっぱいの人たちが
     自死遺族の話を聞きたい・・・その心が理解できません

聞かせてください
  といいながら

「自死遺族の話を聞くことは疲れる事だから
   聞く人たちの心のケアが必要」という支援者

自分たちのメンタルケアまでして なぜ 自死遺族の話を聞きたいのかわからない

   保健師たちも 仕事とはいえ お気の毒

お互いに出来る事をして  つながりあい
   認め合う活動が必要ではないでしょうか
疲れない
  距離で・・・

自死遺族当事者が頑張っていることに邪魔をしないでください

   遺族のエンパワーメントを認めてください
    

以下は 全国自死遺族連絡会の目的です 

 一般社団法人  全国自死遺族連絡会


~自死遺族による自死遺族のためのネットワーク~
全国自死遺族連絡会は、自死遺族の相互交流を深めることにより遺族自身が
まず元気に生きていくことを目的とする会です。
そして
自死した私たちの大切な人のその命を無駄にすることなく
優しいひとがやさしいままで生きられる世の中に変えていくことを目指します
*本会の主な活動*
1. 自死遺族の相互交流を深めることの諸活  「つながりあう」
2. 自死遺族が運営する自助グループ活動についての情報交換「支えあう」
3. 自死や自死遺族に関する情報発信と社会啓発活動「経験を伝える」
4. 自死遺族に関係する機関等との情報交流  「声をあげる」
5. 自殺予防活動  「生きて、と願う」
       
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント