成仏と往生

d0172270_052435[1]
成仏という言葉

仏教では そもそも 死んですぐに成仏はしません
 往生するのです
浄土宗ですと 西方極楽浄土に往生するのです
 阿弥陀仏によって
    西方極楽浄土に往き生まれる・・・往生
南無阿弥陀仏
南無釈迦仏
南無妙法蓮華経
「南無」という言葉の意味
  帰依する 信頼しお願いをする
    委ねる お任せする
南無阿弥陀仏
  阿弥陀様に帰依する
     どうぞ阿弥陀様 お願いいたします
 そんな意味です

 仏壇に向かい手を合わせるのは
     亡くなった人に・・というよりは
 ご本尊さまに向かい 手を合わせて お願いしますという作法
阿弥陀仏がご本尊なら
  阿弥陀様 私の息子をお守りくださいよろしくお願いします
    と 阿弥陀様に手を合わせてお願いをする

仏壇は極楽を表している
   位牌には蓮の花が描かれている
  それは極楽浄土の蓮の台に亡き人が座っているという意味

  阿弥陀様は48の願いをたてて修行され
   誰でもどのような人でもわが名を呼べば極楽浄土にすくい取るという誓いを立て
     もしもそれが叶わないのなら 私は阿弥陀仏とならないという誓いを立てたのです
阿弥陀様が阿弥陀さまとして存在する限り
  どんな人でもお救い下さり 極楽浄土に往生させてくれるのです

 自死だから
    成仏できないとか
      苦しんでいるとか
   いろんなことを言う人たちがいますが
      惑わされてはいけません

人の不安をあおり 本を買わせようとか  お祓いをしようとか
     供養のためといい お金を絞り取る人達です

  そして亡くなった人が信仰がなくても
     生きている遺族が 南無阿弥陀仏 南無釈迦仏 南無妙法蓮華経と唱え
   回向をしてあげるのです
  回し向けるのです・・・功徳を積み回向するのです

    死んですぐ 誰も成仏しません
  往生するのですから

    阿弥陀仏という仏様が存在することを信じたら
       亡き人たちが 西方極楽浄土に往生していると信じられるのです

      信じる事  は  大切です

誰も見たことのないところなら
  金儲けの人たちの言葉ではなく
   阿弥陀様の教えを信じることです

      
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント