FC2ブログ

恋人も知人・友人も参加できる会はあります

10DSC09905[1]<

コメントへのお返事

 息子が亡くなった時 高校時代の友人(親しいグループ)に、自死という事を伝え
その人が全国に散らばっている仲間に声をかけて、葬儀に来てくれました。

その後にも 愛知県や青森県から個人的に自宅に来てくれたりしたので
 1周忌には連絡をして 3人ほど休暇を取ってきてくれました(皆さん仕事をしていますので)

警察の仲間の方々も自宅に来てくれたり…今もお墓にお参りに来てくれています
(タバコとコーヒー缶が供えてあるのでわかります)

 素直にお参りをしたい気持ちを大切にしていいと思います。

  遺族も思い出話はつらいことですがありがたいことでもあります。

忘れないでいてくれる人がいる・・ということは感謝です

     自死だからということで妙に気を使われてしまうと ん?となってしまいます。

遺族との交流は 普通に気持ちのままに
  遺族がお断りするまでは お手紙やメールなど やり取りされたらいいと思います。

また遺族の会への参加は
大切な人を亡くしたというくくりで 恋人・知人・友人もOKの会もありますので
   そちらの会に参加したらいいと思います。

自助グループの場合は
 ほとんどは親族というくくりになっていますので 恋人・知人・友人の参加ができるのは少ないと思います

   が・・・・
自助グループでも参加できる会もあるかと思います

   支援者が主催の会は 恋人・知人・友人の参加が可能な会が多いと思います
ただし
 参加者は少ないと聞いています

   これは私の考えですが
   遺族の会に参加できなくても ご供養はどこでもできます

 わかちあい
  は
   同じ苦しみ・同じ悩み・同じ悲しみ・・・という事が原点です

  僧侶の会などは 親族以外の参加も認めていますし
     生と死を考える会も参加可能だと思います

  例えば 子供を亡くした親と 子どもの知人や友人・恋人とは理解し合えないことも事実です
   子供を亡くした親と 亡くなった子供の妻やその子供とも・・また兄弟姉妹とも
   分かち合うのは難しいと思います

  立場によって悲しみが違うのですから・・・
それが普通です

 そのことをお互いに認め合うことが
    お互い距離が近くなるのでは・・とも感じています

  講演会やシンポジュウム・フォーラムなどに参加されて
       いろんな意味で 自死の問題を身近に感じて頂けたら
それもまた 亡き人への想いかな・・・と

  9月9日 長野市で全国自死遺族フォーラム第10回があります。
    多くの遺族が参加します
  懇親会もありますので 参加してみてください

懇親会もフォーラムも どなたでも参加できます

    亡き人への想いは
  わかちあいの時間だけではなく 様々な方法で抱えて行くことができると思います

   私は今でも お墓参りに来てくれる息子の友人を愛しく思いますし
   ありがたいと思っています

  また わかちあい以外の会に参加してくれたり
    自死の予防や自死遺族への支援などに協力的な友人・知人・恋人等の人たちは
ありがたい存在でもあります

   亡き人を思うのは  どこでも場所を選ばずできます
   
親族だけの集いに入る必要もないです

    区分けして  それぞれの立場で出来る事をされていくことが
  本当の意味で 亡き人への想いがある・・・という事ではないでしょうか

   いろんな会があります
  それらを認め合い  それぞれの特徴を知り
    参加できる会合に参加したらいいだけです

  自分にあう会に参加したらいいと思います

   亡くなった人の家族との交流も
程よい距離で
   お返事をもらったら  勘ぐるのではなく
素直に感謝し、続けて行かれたらいいと思います

   儀礼てきな返事でもいいじゃないでしょうか

   何も求める必要はないはずです

お菓子や果物を供えるのも  贈るのも
  家族にではなく 亡き人への想いなのですから・・・

  もう  いいかな  と思ったら 無理に送らなくてもいいと思いますし・・・

  周りに惑わされない事・・・
    ご自身の気持ちを大事になさること

   求めない事・・・
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

藍たなけん

Author:藍たなけん
FC2ブログへようこそ!
仙台に住んでいます。
青森県津軽生まれ、B型 うお座 
主人と二男と3人暮らし
自死で長男を亡くしてます。
「悲しみは愛」「悲しみは愛しさと共に」「悲しみは私の体の一部」「悲しみを奪わないで」「悲しみを消そうとしないで」などを広めています。

最新記事
ご来場者様
ツイッター
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR