単純な問題を複雑に見せる社会~人にやさしくないだけ

F1000504.jpg

自死という問題を学者は難しい言葉でデーターを駆使して
 たくさんのグラフ等で理論づけて説明をしている
それも必要だとは思う
 でも・・そのデーターで見えたものを
   どのようにしたら自死は減らせるのか・・というところまでは踏み込んでいない
   踏み込めないのだと思う

   複雑な問題だが実は解決は単純でわかりやすいものだと感じる

    人を追い込まない社会を作る
      教育の問題
       介護福祉問題
   労働問題
     住宅ローンを含むローンの問題
  連帯保証人問題
     地域社会の問題
  家族という問題

精神科医療の問題
等々

 幼稚園からの教育
    進学を目的とした義務教育の問題
     競争社会 
   差別・・偏見・・・いじめ  蔑み
   
  ひとつひとつ その分野の専門家たちと共に改善する努力をしたら
      自死者は大幅に減るはず

  債務の問題の自死は半分以下に減った
  具体的対策が実行されたから・・・

 学者と評論家
 そしてパフォーマー

 具体的問題の解決に向けた施作は皆無

   理論だけでは 自死は減らない

    ひとつひとつ・・・ひとりひとり

 丁寧に 大切に

    1年間に一人が一人にやさしくできたら
       みんなが一人ひとり・・・にやさしくできたら

   やさしくしてもらった人が 次にやさしくできたら
 やさしさの輪は広がる

      やさしさとはお互いに思いやること

     やさしくされることばかりを求める人は  やさしくない

    お互いに・・・ということが大切

     そして何度もいう

  悩みや苦しみ悲しみは 精神科に行ってもどうにもなりません

    精神薬は ハッピードラッグではありません

 自死の多くは精神科に行っていなければ 生きていた命です

   苦しくても 生きていた命です

   生きていれば なんとかなります

   死んで悲しむのは 死んだ人を愛している人たち

      息子が逝き・・・夫も次男も私も・・・ずっとかなしいまま

   真剣に取り組みましょうよ

    金儲けや名声ではなく
       本気で取り組んでください

    関わっている人たちの知恵や能力を結集したら
      ゼロに出来るはずです

    難しく考えすぎです

   多分

 単純な事が最も難しい事だと知っているから
    難しい理論をくっつけたいのかもしれません



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント