自死への差別問題は根深い

Spotted-bellflower_01.jpg

   「自殺総合対策大綱」の見直しが始まっている
全国自死遺族連絡会を入れないで委員は決まっていた・・が 抗議して参画できた

 今月27日も開催される

  賃貸物件内での自死の賠償金や改修工事費・お祓い料金の問題は
   根深い

  泣き寝入りして支払ってきた・・今も支払っている遺族が多くいる

     それでは  負の連鎖は続く
    どこかで誰かが  止めなければならない

   しかし それが 弁護士たちの美味しい収入源になってしまうこともある

     どこでどのようにしたら  食い止められるのか

        ・・・・・こんなことをいつも考えてきた・・今も考え続けている

      こんな時・・東京に住んでいたらと思う

          が 仙台に住んでいるんだから このままで何とかしなければと思う

自死への差別と偏見が
     民法・商法・健康保険法・宅建法・・・・等々  存在することが問題なのである

          国が「社会的に追い込まれた末の死である」と基本法に定め
   大綱にも示している・・・のに・・・もかかわらず

      差別と偏見の問題は何の対策もできていません

        ただ  この問題がようやく表舞台に出た!ということだけは事実です

   自死遺族支援者という人たちの  食い物にされるか・・・
        本当の意味での 改革につながるか

      頑張ります

    
野田先生の論談

日本社会は毎年3万人ほどの老若男女を死に追い込んできた
ところが故人を苦しめただけでなく
亡くなった後
遺族を更に追い詰める社会であることを 知っておられるだろうか

:::::::
 ::::

亡くなった人がなぜ死ななければならなかったのか
そして
遺族はどんな社会的、経済的負荷をかけられているのか・・・

 
亡くなった人の悲苦を想うよりも
   自死を穢れた死とする慣習が」どれだけ遺族を苦しめているのか・・・


わたしたちの社会は 亡くなった人に対してだけでなく
遺族に対しても あまりに理不尽である

せめて遺族への負荷を少しでも減らすことで

故人に「安らかに」と
 手を合わせられる社会に変わっていこうではないか


このような内容を書いてくださっています

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント