ウソでもなんでも先に言った者の言い分が通る~弁解を許さない日本

_1080065.jpg

人は様々

 職業上の肩書はその人の人格とは別

   弁護士も議員も牧師も坊さんも四方書士も医師も大臣も・・主婦も
     人は様々

   すばらしい人格の人もいれば  狭い心根の人もいる

    信頼していた人に  裏切られることがある
次男曰く
「カァチャンは 人を見る目がない」

    言い訳をいうと

数多くの人とのご縁を頂くので
    そんなことも多い・・・だけ

    その中でも  昨年春に批判文書をもらったことは強烈~A4に5枚

    まさに「いじめ」そのもの

それも  坊さんから・・・

   表の顔は 仏の御教えを伝える すばらしい人格者

     しかも 私だけではなく
仲間にも 私への批判文書を送っている

   仲間たちも そんなことはなかったようにふるまっている

それでいいのかな・・・

   ひとつひとつに反論したい

  しかし  言い訳は認めないのが日本

       言い訳すら許されない社会
先に言った者の勝ち

     ふ~~~~~ん それが宗教者なんだね

   総本山に 頂いたわたしへの批判文書を送りたい気分

    震災の法要とかで  偉そうに語っているのをみると

       フツフツと湧いてくる 怒り

  つなみで子供を亡くした人たちに 「つむぎの会」をつなげた

あの頃  病気や自死で子供を亡くした母親たちに声をかけて
 車で気仙沼や石巻まで通った

全部自前で・・・

   会場も取れなくて  苦労した

高いお金を払ってホテルを借りたこともあった

    そして お寺との連携で法話の会へとつないだ

    そんな  必死の思いは

     支援者である彼には伝わっていなかった

   遺族には伝わっている…そう思います

      そう思わないと・・・main.jpg
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント