命日の日のブログへのコメント・・やさしい人です!?!?


>
F1000229.jpg


息子の命日の本日
   私のブログへのコメントです

私は神様ではありませんので 何をされてもありがとうと言えません

 やさしそうに 傷つく言葉がつづられています


th69SVN0SY.jpg

なんだかいつも怒ってばかりですね…


息子さんの気持ちは息子さんにしかわからないですが、自分を傷つけたり、気に入らない考え方の相手に対して自分が人として正しい考え方のように書き、暴言を吐いてる母親を見て喜ぶ子供はいないと思います…


子をなくすというこれ以上ないくらいの悲しみを経験したからといって例え相手が気に入らなくても他人に暴言を吐き許される免罪符にはならないと思います。

辛いこともあるだろうにいつも感謝の言葉を口にし、優しいお母様のブログを見ると自死したこの人の子の為にもこれ以上自死する人や自死による遺族が増えませんようにと思えます。



怒りで相手を攻撃する人間の子を可哀想だな、自死がなくなってほしいな、協力したいな、とは思えないと思います。


相手がどんなに頭ごなしだろうが、頭が固かろうが、優しくなかろうが、その相手に対して悪口を言ってしまうことは簡単で、同じ土俵の人間になってしまいます。


人に優しさを求めるなら自分に優しい人にだけ優しくではなく誰に対してもその気持ちがないと、優しさは連鎖しないし、自死を選ぶ人は減らないと思います。

息子さんがお空で楽しく過ごしていること願っています。
th6KRK324Z.jpg


 息子の11回目の命日にこのようなコメントありがとうございました。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント