11月7日 ひとりごと

img_2[1]

 金曜日は東京で「円卓会議」
    土曜日は奥州市に行ってきた

    新たな遺族との悲しいご縁

   毎日のように 遺族からの連絡がある日々・・・10年半

     減っていないと感じる

 なぜ・・・ それは具体的対策が実行されていないから
    債務問題の自死は具体的対策が打ち出されてから 確実に減ってきた

しかし 過重労働も パワハラも いじめ・精神科医療の問題も含めて
     普通の人を追い込む問題は 何も具体的対策は実践されていない

  その時その時の 対処さえできていない   

      言葉の暴力
   言葉の嫌がらせ  言葉によるいびり
      ことばの犯罪
   ことばでの蔑み  人格否定   無視  

そして 顔に表す嫌いオーラ

    どうして 人は人をいじめ 蔑み 無視するのだろうか

     その人の悪いところだけ 探して悪口を言うのでしょうか

           人を追い込んで 幸せを感じる人

    理解できない心理です

          やさしくしなくてもいい

       意地悪をしないでほしい  と思う

      人を差別しないでほしいと思う

           ことばは大切

        人をだますのも言葉
                      人間が作った言葉
      人間が作った社会 
          目に見えないものに操られて 人は人を追い込んでいる
            この世には目に見えない魔物が住んでいる…そんな気がする
       その目に見えないものに 操られ 人を追い込んでいる人たち
           心が汚れているのだろう
                   
  今の社会は 心が汚れていた方が 心地よいかもしれない
       やさしい心の人たちは  住みにくい気がする

     適当に  いいかげんに  要領よく
          ずるがしこく  無責任な人の方が 幸せに生きられる社会・・・

    それでいいのかな・・・

          今月16日 長男の命日 11年
   11年前の今に戻りたい
   ドラえもんのどこでもドアがほしい
      タイムマシンが欲しい
              11年前に戻れたら  死なせない絶対に・・・
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント