いのちとお金

0000-0043[1]

人のいのちは 金では買えない

 息子が生き返るなら  すべてを投げ出して差し出したい
   このいのちも 息子が生き返るためなら 迷うことなくささげたい

   子供が死んで 1億円100億円 もらっても うれしくない
     何の意味もない
 
   貧乏しても 朝から晩まで 働いてもいい
     息子のいのちがあったらいい

     80歳になっても 90歳になっても  働いて
        食うに困っても お兄ちゃんが生きていたらいい
みんなで働く・・・
   
     息子の命と引き換えのお金があっても
             幸せになれない

 金では幸せは得られない

    thV1RYW728.jpg


          こんな事を話してくれた若い人がいた(わかちあいではない)

 借金のあった自分の母親が 父親の自死で入った保険金で借金を返し
   残りのお金で 旅行三昧  海外にも・・・
  嘆いていた
  父親がかわいそうだ・・・と
    母親を許せない・・と

    img_16[1]

  実の母が亡くなった時
     一人娘の私に来るはずの遺産が・・・
いつの間にか
  母の養女になっていた(亡くなる1か月前)母の兄嫁の妹が 生前に 預金解約
     定期預金解約 株券売却
総資産2億円
   一円も 相続しなかった

   遺品も一つも一人娘であるはずの私はもらっていない

   法定相続人である請求をしなかったあえて・・・

      私が働いたお金ではないし、母の意思で私に遺さなかったのだろうからと解釈
         
    13回忌の時に

   母名義の土地が(名義変更を忘れたのだと思う)会社名義の土地のど真ん中にあって
   会社が傾いたとき 売却のために 養女から私に弁護士を通して
      印鑑が欲しいと言ってきた
13回忌の時に
   養女と半分の金額が 唯一母からの相続となった

   人のいのちが失われて手に入れる お金はうれしくない
  かなしいだけ・・・
photo_zukan_04[1]

実の母の時も 息子の時も
    お金のことで 嫌な気持ちになった
  
   心底悲しんでいない人たち
泣いていながら お金を数えている人たち

    私は苦手     卑しくはなりたくない

決して裕福ではないが
    悲しみの裏で 思わずほくそ笑む自分にはなりたくない
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント