あ!というまの10年

030907nobotan2[1]

息子健一が亡くなり 半年後から活動をして10年が過ぎた
 11年目・・毎日 寝ても覚めても 自死の問題だけを考え
    国の対策を調べ意見を言い続け
         差別と偏見と闘ってきた

 全国自死遺族連絡会を一般社団法人に登録し
     社会に自死遺族の自助グループの活動の広報をしようと考えている

  これまでのホームページは 自死遺族に向けての内容
      そのホームページも継続しながら
 活動団体として
   世間に知ってほしいと思うようになってきた
   それは 自死遺族等への差別と偏見の是正にもつながるはずであると思うから・・・

    新たなホームページに掲載する一つに講演記録を考えている
     記憶はあいまいなので  チラシや依頼書メール等で確認しているが・・・
なかなか進まない
   一年に10回だとしても100回・・
      行政や専門職の会に呼ばれていることが 多い

    この間 つくば市で1年に100回公演している人と一緒だった
      私の10年間に100回は少ない方だと思う

    それでも そんなに講演したのかと・・年月を感じる
 健一が逝ってもう11年
     長かったような・・・過ぎてみればあっという間のような

    10年があっという間  あと「あ!」「あ!」と2回言えば30年が過ぎる
  それまで 差別と偏見はなくしたい
   自死もなくしたい
          頑張らなきゃ

   一人ひとりの遺族とのつながりも大切にしたい
      が
なかなか 思うようには応えられていない
    
      喪われた命の意味を 伝え続けて行きたい

    決して 無駄にしない
            
  やるべきことがありすぎて 能力が追い付かない

       でも 頑張る

    支えてくれる人たちの恩に報いるためにも・・・

    
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント