自死遺族の声

DSC08411[1]

今日は 9月10日のフォーラムのご案内の手紙書き

 一人でも多くの人たちに 参加して頂きたいのです

   岡先生の講演は 国内ではなかなか聞くことはできません

     全国自死遺族フォーラムでの講演は 終えた時点で予定を入れてもらっています

     一年に一度の機会です

  日本の自死遺族の自助グループの活動を海外に発信してくれている教授です

     やさしく深く・・・尊敬するお一人です
2008年からずっとかわらぬ心でつながってくださっています

    行政の自死の担当者にも 多く参加してほしいです

    自死遺族支援をしている行政の担当者
      自死の予防や防止を担当している人たち
          大勢の自死遺族当事者の声を聴く 一年に一度の 機会です

   自死遺族支援を 支援者から学ぶのではなく
       自死遺族当事者から学んでください

       遺族が何を望み  何に傷つくのか
           
     セルフヘルプグループとセルフヘルプサポーターという支援の構築

     自死遺族の当事者団体と 行政と  専門家との 連携の仕方

       全国自死遺族連絡会が主催の1年に一度の会

     今回で9回目
      連続開催  

  自死の予防がメインではなく あくまでも自死遺族という立ち位置でのフォーラム
     自死遺族支援について
  自死遺族とは
  自死遺族の悲しみとは
   自死遺族への差別とは
      自死遺族として生きて行くことは
    親を亡くした子供
    伴侶を亡くした人たち
     兄弟姉妹を亡くした人たち
   子供を亡くした親たち
    ・・・結婚していた人の死
 ・・・学校に行っての自死
 ・・・仕事がらみの自死
 ・・・・精神疾患での自死
・・・・自死も様々  立場も様々

    年齢によっても違う

     大勢の遺族の声は社会そのものの声

   ぜひぜひ  ご参加ください

      福島県は震災後自死が増えています
         なぜでしょうか
  若者の自死が増えています
  なぜでしょうか
      
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント