愛と同じように悲しみも自分のもの

20080502121947[1]

愛する人の死の悲しみ
 その悲しみを最もよく知る人はその人自身

一人一人が  一人一人の悲しみの専門家
 その人自身がその人自身の悲しみの専門家

私の悲しみの専門家は私

 すべての人々の悲しみの専門家はいない

 亡くなった人とその人自身との間にあるものが悲しみ

子供を亡くした夫婦でも
   夫と息子の間にある悲しみは 誰にも分らない
     夫自身が専門家である自分悲しみの・・・
私と息子の間にある悲しみも 夫も理解できない

お互いに そのことは理解している

     悲しみの深さは 愛の深さ
他人が 私の息子を 私と同じに愛していることはない  当然である
 だから 私の悲しみの深さを理解できるわけなどない

  わかってほしいと 思っていない
    私の息子への愛を 他人に強要するなんて おこがましいこと
 
息子を愛してほしいとも思っていない
  
   だから  卑下もしないでほしい
      蔑まれる理由もない

人が人を 蔑むなんて・・・
    何て傲慢なことでしょうか

  自死遺族からの電話が毎日のようにある
     10年間
 人の悲しみは  本当に一人ひとりだと痛感しています

  そして それぞれが世界で一番悲しい
     それは 他人への愛よりも  愛が深いから・・・
世界で一番愛しているから  一番悲しいと感じている
   世界で一番悲しい人たちが  遺族の数だけいる
 それは
  あたりまえのこと

 他人に 自分の悲しみが世界で一番誰よりも悲しいと認めてもらいたいと思うのは 傲慢
  誰に認められなくても
 亡き人と自分が思えばいいこと
    悲しみなんて人に認めてもらうものではない

  自分が誰かを愛することを
    ほかの人にも同じように愛してほしいと思うのは傲慢
 人間としての愛と
    個人への愛を同じようにはできない

息子と同じような愛で 世界中の人を愛することはできない
  深さが違う

人類愛のような 広く浅い愛と
   息子への愛・夫への愛・親への愛はそれぞれ違う

 悲しみも経験したことのない人に
  「お辛いですね」などと 言われても 心には響かない
本でしか悲しみを知らない人に
 悲しみとは・・・こんな症状が出ますよ・・などと言われたくない
また  泣きじゃくろうが 涙が出なかろうが・・・
    それでいいんですよ・・ともいわれたくない

愛する人の死の悲しみを話してくれている人に
    他者は何ができるのだろう
受け答えは学んでできるものではない
  その時の自分の感性に従うしかない


支援者が悲しい話を聞くという行為は 自分の人間性を問われること

   自分を磨く修行を積むことが必要だと思う
 
感性が やさしさであふれている人は そのままでいいと思う
  そこにいるだけで なんでも話したくなる人もいる

 そんな人になりたいと思うが
   私はなれない・・・
ただ
 息子を亡くした悲しみを抱えているから
     素直に聞くことはできる
何もできないと知りつつ
    何時間でも聴くことはできる
それだけ・・・
  それだけ・・・です

 その人の代わりに  悲しみを背負ってあげられないのです・

 その人の悲しみは その人の身体の一部ですから・・・
    取り除こうとすると
   傷つき 心から血が流れてしまいます
 乱暴にしたら
   出血多量で 死んでしまいますから・・・

 その人の悲しみを大切にしながら
     聞くことと体験を伝えるだけ

    それが わかちあい        

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント