日本人の心理

101ec48632c86d3446a907d7e0ebfa5c[1]

 震災で亡くなった娘夫婦の孫を育てていた人の言葉

 遺体が見つからず  ようやく発見されて葬儀となった時に

   3歳半の孫をみて 周りの人や支援者が孫に声をかけた・・・という
・・・・・・・・
 孫と自分と 遺体が発見されるまでどんなことを話したかもわからず
        発見された後に葬儀まで どんな話しをしたかもわからず
     安易な慰めの言葉を孫にかけているのを見て
        「やめて!」「必死で耐えているんだから!」「頑張ってうけいれようと話し合ってるんだから」
      孫にはかかわらないでほしいと泣きながら語っていた姿が今も浮かぶ

  幼い子供への心のケアなんて 他人ができるわけがない
    会ったこともない大人が  事情もよく知らない大人が
      親を亡くした子供だからといって・・・親族を抜きにかかわってはいけない
毎日生活をしている親族が 子育てを 孫育てを できる環境整備のほうが大切であって
     直接子供の心に入る行為は慎むべきである

     ましてやここは日本

   自死で親を亡くした子供に アメリカ人のように 
    隠してはいけない  隠さず正しく伝えることが大切です

  なんて  ・・・・ことを 支援者が親族にいうのは無責任です

    アメリカの遺児の暮らす風土・文化と
     日本の遺児が暮らす日本という風土・文化の違いは
 アメリカがいいとか日本が悪いというのではなく
    国民性の違いなのですから 比べるものではない

  日本の遺族支援者たちは どうもアメリカ思考が強い
     アメリカ人のケアが正しいと思っているよう

 アメリカではアメリカ人のための考えたケアや支援は有効かもしれない
   それは国民性を大切にしているから・・・

 日本人のケアや支援なのに
   アメリカ人のための支援の考え方をそのまま当てはめているから
       日本人の遺族には受け入れがたい部分が多い

   靴はいて家の中で暮らしていない
     毎日 パンとスープの生活はしていない
広いベットで広い居間で シャワーの生活で
  ハグして キスはしていない
     オーマイガット  とは言わない
 
 こころは  その国の国民性がもろにでる

   日本人から見たら  ある意味大げさなしぐさをするアメリカ人
       アメリカの人は日本人を何を考えているのかわからない人種という


   愛する人を亡くした悲しみという究極の人間の感情は
      繊細な部分が多い
    日本人の心に寄り添うなら 日本人の悲しみを研究し学んでほしい

   日本人の悲しみに寄り添う人たちが学んでいるのが
   すべてアメリカ人の心では
       寄り添えるわけがない

     きちんと日本人の心理を勉強してから グリーフケアの専門家と名乗ってほしい    
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント