精神薬に支配されている社会





20120610140633.jpg
幸せへの道は 精神科に行かないこと。

 地獄への扉が精神科。

悪魔がやさしい顔して 待っています。




人間は一人ひとり みんなどこか変な部分を持っている

人間を比べてはいけない。

正常な人間の基準は誰がモデル?




変な人間の集団が社会

お互いに認め合う社会を作るのが大人の責任




苦しい時も悲しい時もあり・・悩みも抱え 怒り・憎しみ・恨み・憤り・泣き・笑い・不安もあり・・それが生きること。

解決は精神薬ではなく、自分との会話

自分が自分であること

薬は万能ではない
医師は神ではない

  精神科の必要のない社会が 人にやさしい社会

  精神科が満員御礼状態な社会

苦しみを取り除く万能薬のように信じて飲んでいる精神薬

   苦しみを薬が取り除けたら   宗教は必要ない

 悩み苦しむ人々に 精神薬を飲ませていればいいのだから

  弁護士もいらない

悩み苦しむ相談者に精神薬を飲ませたらいいのだから

 他の病気の医師も必要ない

悩み苦しみ患者に精神薬を飲ませたらいいのだから

    何を悩み 何に苦しんでいるのか 関係なく
 精神薬さえ飲んでいれば  楽になるというのだから・・・

   家が流されても 家族が亡くなっても
借金があっても・・・・難病でも・・・

精神薬さえ飲めば  悩み苦しみことはないという事でしょうから・・

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます