子供のいじめに精神薬なんて・・・

20120804181601.jpg

明日は「つむぎの会」仙台
   子供を亡くした親の集い
土曜日は自死遺族のわかちあいの集い「藍の会」
 日曜日は茨城県那珂市の「引接寺」での「法話の会」
    川崎の遺族と参加
 泊まり~~~次の日は 水戸で遺族と会う

   5日は資料の印刷(数種類 数千枚)

6日は 法人化の最終作業

  13日は東京で「自死遺族等権利保護研究会」開催
13日泊まって 帰りは郡山市の「えんの会」に参加
22日大阪・・・自死遺族の自助グループの集いに参加
  23日は神戸に移動  浄土宗の会合で講演
     神戸泊まり  次の日は大阪で遺族と会う

27日東京 衆議院議員会館でシンポジュウム
   泊まり・・・29日藍の会


 仙台では12日 ・ 19 日  みやぎの萩ネットの例会と幹事会

   茶話会とサロンもある

  仙台市の教育委員会に要望書も出したい…奥山市長にも・・・
    いじめの対策研修会も見当違いのことをやっている
 いじめられた子供を精神医療につなぐ研修会
   以前からいじめられた子供を精神医療につないでいるのが仙台市の教育委員会のやり方
  
いじめた子供はそのまま・・・いじめっこの対処はしない
  それはなぜか・・・
  いじめられた子供のほうが特殊という見方だから
     学校は・・・いや会社もそんな考え

 大勢の人が同じような環境で働き  または学んでいるのに
    ほかの子供や人たちは  なんともないのに・・・
いじめだと感じる子供が「心が弱い」「精神が過敏」
    そんなふうに思っている

 いじめた子供の責任ではなく
  いじめられたと感じている子供が異常だと・・・だから精神医療につなぐ

   私は思う  どうせつなぐなら いじめっ子をつないだらいい
 いじめをする子供に精神薬を飲ませて ぼーっとさせたらいい
  いじめる気力もないくらい無気力にさせたらいい
  その方が いじめはなくなる

    そもそも子供に精神薬を飲ませるのは 犯罪

精神薬でいじめの解決ができるなんて本気で思っているなら
   教育者としたら失格

 正常な判断能力が失われていない人たちであれば
     いじめやパワハラが 精神薬で治り解決できるとは 絶対に思わないはず

     しかし 仙台市の教育委員会のえらいさんたちは 
  いじめの解決は精神薬でできると思っているらしい
  奥山市長も・・かな?!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます