自死だと高くなる検案料

img_4[1]

  自死遺族の問題が私の活動の軸
 
今日連絡を受けた遺族は 検案料が7万円だという
  仙台北警察署
以前塩釜警察署は13万5千円だった
   医師会より手配される医師
警察が勝手には頼めない
   東京都と大阪府は書面料だけ・・・1000円
名古屋は監察医がいるのに機能していないから 高い
  同じサービスは受けられない
警察署ごとに違う医師が担当する
  7万円で年間50人検案したら それだけで350万円
   領収書は出さない医師がほとんど
 一人にかかる時間 10分程度
  10分7万円  いい商売
しかも領収書なし・・・申告していない医師も多いと聞く
    ぼろもうけ
申告していないなら 脱税が疑われる

   病死や事故死、突然死の場合は安い
海上保安庁の知り合いが言うには
   海で発見されて 引き上げて検案しても 1~2万円

家で心不全とかで死亡したら 2万円程度
  自死は7万円 それをみてみないふりをしている警察
     
  7万円だと解剖費用より高い

こんなことも是正したいと思い活動をしてきた
    
    警察庁への要望と各県警本部への要望を分けようと考えている

今までの10年  ここからの10年
    
   自死への差別は変えなければならない
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント