自死遺族の個人情報

pcd2-042[1]

昨日は野田先生にお願いしていた精神医療問題の面談3組
無事に終えて
 夕方から記者も交えて夕ご飯
先生は今日は朝早くから東京
私は これから内閣府の会議
 
内閣府の会議はこれが最後
 来年度からは厚労省が所轄になる

  ライフ〇〇〇が 要望していた対策の内容に意見はいろいろあり
   要望してきたが 受け入れられるはずもなく
 政治的力も加わり
   彼らの要望そのままの対策に来年度からなる
その中で
現在の都道府県や政令都市に存在する「精神保健福祉センター」
   の中に 新たなる自死の対策センターを設置は決定した
しかしそのセンターが
自死遺族の情報をリアルタイムで警察から得て
  個人情報を 集約しようという内容は 削除されたはずだったのだが

先日開催されたシンポジュウムでは
    実行するということを語っていたようだ

 どんな手を使っても 自分が決めたことをやりたいのだ

   多くのことは あきらめてきた

でも これだけは 許されない

  自死遺族支援の充実という名のもとに
    自死遺族の個人情報を得ようなんて・・・・

許されない

   個人情報保護法違反である

     警察庁がこれを容認するなら  告訴も辞さない

事情聴取も任意である
   許可も得ず  原因や年齢男女別 地域  時間  職業等々が公開されているが
        あそこまでの公開が限界のはず
 
個人が特定される住所がセンターに集約されることは許されない

 自死の予防・防止という名目なら
     なんでも許されると思うのは間違いです

 自死遺族の個人情報がセンターに警察から提供されることは  完全に個人情報保護法違反です

 シンポジュウムで 実行すると語ったと聞かされて
    昨日 急遽 資料を作り警察庁への要望をする
    
   内閣府の会議の配布資料にした

 
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

教えてください。

田中さん、この記事の件に関して、私たち一般の自死遺族が一個人として、阻止する為にできる事があればどうか教えてください。お願いします。
私も田中さんと同じ考えです。あってはならない事だと思います。