比べないこと

3873420_624[1]

   一人っ子が亡くなった人の気持ちは私にはわからない
      ・・・
田中さんは孫がいてよかったですね・・・とよく言われた
んんんん・・・会えるならね・・・・・

  我が家のように 息子が亡くなって10日目で 断絶をされたら
       どうしようもない
いっそ 孫なんていないほうがよかったと思う
   家族3人一気に失った
        流産死産の会の人にこういわれたことがある
思い出がたくさんあっていいですね・・・と

 思い出は生きていたら楽しい
がしかし  死んだら    思い出は全部悲しみ
      思い出が多い分 悲しみも多い
小さい子を見ても悲しい  中学生を持ても悲しい  車を見ても悲しい
    警察の制服を見ても悲しい パトカーを見ても悲しい
  海もスキーも花火も・…入学式も・・・見るもの全てが悲しい

   一年だから・・とか  50年だから・・・ではない
 
親を78歳で亡くした(自死)人に 78歳だから・・・というのは残酷
     その人にとっては 78歳まで生きていても世界で一番悲しいのです
 自分の悲しみに同調しなくていいのです
 自助グループのわかちあいは
「いいっぱなし」「ききっぱなし」というルールがあります
 その人のはなしを受け止めなくていいのです
     受け止められないんですから・・・全員。

   人と比べないことです

自分の悲しみは自分のもの
 悲しみもまた私のものなのです
誰のものでもなく 私の悲しみは私だけのものですから。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます