月を見ると心が痛い

f0058426_1917094[1]

スーパームーンの夜は 意味もなく眠れなかった

  目が冴えて 3時半頃まで起きていた

息子が亡くなってから 月は心が痛い
       満月の日に 健一は逝った

    記憶をたどると  スーパームーンを朝方みた・・・
     アフリカの大地の地平線から太陽が昇っていると思うほど 
                       大きな月だった
      息子が悩む眠れていなかったであろう3日間の月があまりにも見事で
         夫を起こして 眺めた
 
    18階の窓から 月の光が燦燦と居間にさしこみ~昼のようだった
        なぜか眠れず  月を眺めていた 3日間
健一は
   死ぬほど苦しんでいた  一人で・・・
     一人ぽっちで・・・
   絶望の中にいた

        満月の朝に死んだ

       子供が死んだこともわからず  マンションの花壇に整備にでて
           大笑いし  午後は 友人とランチ
             
  その時まで  月が大好きだった
        健一が逝ってから  月は心が痛い

  大きな月は特に心が痛い
       満月は苦手

    20120718174431.jpg
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント