悲しみと幸せと元気

10[1]

  多くの皆さんのご参加ありがとうございました。
    ゆっくりとみなさんとお話ができなかったこと 反省しております

   愛する家族が亡くなって
100パーセントの幸せは 遺族にはありませんが
  元気には生きていける  と思っています

 元気に生きることも供養です

   亡くなった人への想いは 
                  沈んでばかりでは伝えられません
   沈むときもあります・・・・
      悲しみもあります・・・
せつなさも・・さみしさも・・・ 胸の痛みも・・・あります

 でも 元気でいることは大切なことです

    些細なことは 気にせず
(愛する人が亡くなった事実に比べたら ほとんどはたいしたことはない)
   おおらかに
        亡き人のためにも 
    生あるうちに やるべきことがある・・・とおもう

  欲張りな・・・いや
  人使いの荒い息子は  私に あれもこれも・・・伝える

   伝えられたことを 全部受け止めてあげたい私は アップアップ~

      しかし 全部受け止めたい

     いのちが尽きるまで  受け止め やり遂げたいyanagirani[1]

 自死の問題は社会の問題
      普通の人たちを 死ぬほど追い込む要因を改善していきたい
    
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント