FC2ブログ

障害という文字への抗議への謝罪

私の配慮の無さが傷つけたようです。

しょうがい(障害)としている行政や障がいとしている行政もあるようですが、そのままに変換してしまいましたことお詫びいたします。

実は
青森の実家には、精神しょうがい者と呼ばれる甥がいます。彼が生まれたときから忙しい両親や家族の代わりに関わって来ました。

精神病院の入退院の繰り返しの際の手続き、いろんなところへの様々な迷惑な行為の謝罪・・・
田舎のことですから世間はいろんなことを言いましたが、私は彼を大切におもって、どこにでも連れてあるき、愛しています。甥ですが、私を姉だと思っていたようでした。

本家にも、神経を患った叔父がいました。

私は恥ずかしいと思ったことは一度もなく、それはいまも同じです。
(養女ですので、血はつながっていませんが、大切な家族です)

しょうがいは、その人がしょうがい者ではなく、社会にその人にとってのしようがいがあることが、問題なのだ、と教えてもらいました。



批判があるのは私が至らないためです・・・もうしわけありませんでした。



私は青森の田舎で戦後すぐの生まれですので
もらわれっこ・・・という差別もたくさん受けました。

でも両親がいのちがけで守ってくれていまを生きています。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藍たなけん

Author:藍たなけん
FC2ブログへようこそ!
仙台に住んでいます。
青森県津軽生まれ、B型 うお座 
主人と二男と3人暮らし
自死で長男を亡くしてます。
「悲しみは愛」「悲しみは愛しさと共に」「悲しみは私の体の一部」「悲しみを奪わないで」「悲しみを消そうとしないで」などを広めています。

最新記事
ご来場者様
ツイッター
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR