藍の会

F1000396.jpg

  今日は「藍の会」わかちあいの集い

  わかちあいを目的とした会


      おなじ悲しみ同じ苦しみ同じ悩み・・・・をわかちあう

    全国自死遺族連絡会の会員が全国で立ち上げているわかちあいの会も広がっている

       立ち上げてくれた遺族に感謝

      保健師が主催の会は閉会になったところもある

        いずれは 全てが閉会になる

     突然閉会になった時  遺族の集える場所として自助グループの存在が必要です

         尾道にもでき・・・

     44か所

      たくさんの遺族がつながっています

  仕事でつながっているわけではないので
      ひとつのコミニュティー

      遺族のできないことに注目するのではなく
 それぞれのできることを肯定していく集い

     わかちあいは自死遺族だけ
  でも  申し込みがあれば クールダウンや二次会は遺族以外も参加可能

      自助グループとしての活動

     というと 遺族以外につながらないという印象を持つ人が多いが

  自死遺族等権利保護研究会のメンバーの多くは
      弁護士や司法書士

  総合支援のための連携は 多くの専門家としている

       行政もその一つ

    県の機関や県の担当者 もちろん市の担当者や市の機関との連携も
        作っている

 今日の藍の会の開催の場所
 アエル28階「エルソーラ仙台」は男女共同参画の施設
 
      優先登録団体として登録している

    だから仙台という政令都市で  いつも同じ場所での開催が可能

    郡部の市や町での開催は  市と町で 確保してくれている


     連携できるところは連携し

      つながりが必要な活動は繋がり

     遺族だけの時間は守り・・・

    区別しての活動は大切ですF1000398.jpg


        今から準備して  出かけます   
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント